【資格】遺品整理士とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】遺品整理士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

介護・福祉系の資格

【資格】遺品整理士とは?

2018年8月22日

介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)だけが介護の資格じゃない! 意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

25遺品整理士とは、遺族に代わって遺品整理を行う際に必要になる、遺品整理の取り扱い手順や遺品整理に関わる法規制等の知識を、正しく身に付けるための資格です。
遺品を処理するのではなく「供養する」という認識でその心構えを学ぶとともに、廃棄物やリサイクル品の取り扱いに関する各法規制などについても学びます。
受験資格は特にないため、誰でも取得でき、開業することもできます。

 

 

どんな試験がある?

一般社団法人 遺品整理士認定協会が実施している講座を受講する必要があります。
申込みをすれば自宅に教材が届くので、学習した後、ウェブまたは郵送で課題を提出。その後、合否通知が届く仕組みになっています。
基本的には在宅で取得する資格です。
教材は教本と資料集、DVD、問題集で構成されており、「遺品整理とは何か」といった基本的なことから、「法規制との関わりについて」「作業を行う上での留意点」など実際の業務に即した内容までを学びます。

 

どんな職場で活躍できる?

遺品整理は、高齢者の方が生きる場所では必ず関わってくることですので、介護関係の職場でも役立てることができそうです。
特に在宅介護などに関わる人は、実際に現場で知識を生かすことができ、また介護施設で働く人も、利用者さんのご家族に相談された際などに役立つのではないでしょうか。

 

適性

遺品整理は暗いイメージもありますが、実は遺族の方の手助けとなり、「ありがとう」と言われる仕事。そうしたことにやりがいを感じられる人に向いている資格といえそうです。
また、相手の身になって遺品を扱う心遣いも必要になるので、相手の立場に立ち、細やかな配慮ができる人にも適性がありそうです。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】遺品整理士とは?