【資格】保健師とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】保健師とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】保健師とは?

2018年9月26日

介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

助産師と並んで、看護職のステップアップ資格のひとつとされるのが保健師です。国家資格で、個々の患者でなく、集団を主な対象に、健康管理や疾患予防にポイントを置いて活動する点が看護師と異なる部分と言えます。
具体的には、乳児健診やがん健診などの健康診断や健康相談などを行います。最近では介護が必要な状態にならないための「介護予防事業」も重要な仕事のひとつになりました。

どんな試験がある?

保健師の国家試験を受けるためには、看護師の資格が必要です。看護師を取得後、文部科学省指定の保健師養成学校で1年以上学ぶことで、受験資格が得られます。資格取得までのルートは以下の2つがあります。

・保健師養成学校の指定を受けた看護大学で、卒業時に保健師と看護師の国家試験を受け両方に合格する
・看護師の資格を取得後、1年制の保健師養成学校に入学するか看護大学に編入学し、保健師の国家試験を受け合格する

どんな職場で活躍できる?

資格を取得した人のほとんどは、保健所や保健センターで働いています。

また、超高齢化社会を迎え、介護施設などで働く保健師も増えています。
介護施設では集団での生活や活動になるため、入所者の健康管理や衛生管理をするうえで、保健師は心強い存在となりそうです。

適性

保健師は集団を対象にして活動するため、社会に貢献したいと考える人におすすめです。
また、働く際には他の関係機関と連携しながら仕事にあたることも多くなります。リーダーシップやコミュニケーション能力、チームで働く力も必要と言えるでしょう。

>>保健師が活かせる求人を探すならこちら<<

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】保健師とは?