> 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】歯科技工士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画1 ★ 迷える新人に、愛の手を…

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】歯科技工士とは?

2018年12月26日

36介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

歯科医師の指示に従って、義歯や歯並びを矯正する装置の制作や修理などを行う、専門技術者の国家資格です。入れ歯や差し歯のほか、歯にかぶせる金冠やセラミックなど、幅広い種類の義歯や装置を制作します。

 

どんな試験がある?

国家試験の受験資格を得るために、まず歯科技工士の養成課程をもつ専門学校や短大、大学を卒業する必要があります。専門学校や短大は2年制ですが、3年間の夜間部を設けている学校もあります。養成学校の入試では、彫刻刀を使った簡単な実技試験などが行われることも。学校を卒業した後、国家試験に合格する必要がありますが、合格率は100%に近いとのことです。

 

どんな職場で活躍できる?

多くの歯科技工士は歯科技工所に勤務しています。そのほかでは大学付属病院などの歯科技工室、大きな歯科診療所などが主な勤務先です。また、こうした勤務先で経験を積んだ後、独立開業する人も多いようです。

 

適性

義歯などはわずかなズレが違和感につながる、精密さが問われるものであるため、手先の器用さは非常に重要です。細かなところまで妥協しない、職人的な気質の人は向いている職業と言えるかもしれません。今後は義歯を必要とする高齢者の増加が見込まれるため、さらにニーズが高まる資格となりそうです。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】歯科技工士とは?