【資格】医薬品登録販売者とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】医薬品登録販売者とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画56 ★ 一度辞めた介護士が、出戻り!そのワケは?

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】医薬品登録販売者とは?

2018年11月28日

38介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

一般用医薬品販売の9割以上と言われる、第二類および第三類医薬品販売をすることができる資格です。以前はドラッグストアなどでの医薬品の販売は薬剤師にのみ許可されていましたが、薬剤師以外でも医薬品の販売ができる新しい資格です。ドラッグストアでお客さんのニーズに合った薬を選んだり、服用に際してアドバイスをしたりします。

 

どんな試験がある?

専門学校や大学で薬学に関する専門課程を修了した後、各都道府県で行われる試験に合格する必要があります。試験はマークシート方式で、医薬品に共通する特性と基本的な知識、人体の働きと医薬品、薬事に関する法規と制度などの知識が問われます。

 

どんな職場で活躍できる?

ドラッグストアや薬店などが主な活躍の場となります。現在ドラッグストアなどに勤めている人は、この資格を取得することで仕事の幅は大きく広がり、役職のステップアップにも役立ちそうです。またこの資格の大きな特徴として、開業することができる点もあるので、個人で薬店の開業を目指すこともできます。

 

適性

薬品に対する知識はもちろんですが、日頃から健康などに関心があれば、より顧客の立場に立った提案をすることができそうです。接客、販売業なので、コミュニケーション能力も必要になります。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】医薬品登録販売者とは?