【資格】言語聴覚士とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】言語聴覚士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】言語聴覚士とは?

2018年8月1日

39介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

発達の問題や、病気や事故の影響で言葉によるコミュニケーション、嚥下(えんげ)に障がいがある人に対し、必要に応じて訓練・指導・助言を行う資格です。
脳卒中による言語障がいや、喉頭がんにより声帯を失った人、上手に噛めない、呑み込めないといった障がいを持った人をサポートします。

 

どんな試験がある?

言語聴覚士の国家試験に合格する必要があります。
受験に当たっては、高校卒業後に文部科学省で指定された3~4年制の大学・短期大学で学ぶ必要があります。また一般の4年制大学を出た場合は、指定の専修学校で2年間、必要な技能や知識を学ばなければなりません。
試験では臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学などに関する問題が出題されます。

 

どんな職場で活躍できる?

言語聴覚士の7割が、病院やリハビリセンター、診療所などの医療機関に所属しています。
そのほかには特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問リハビリ事業所などの介護分野の現場があります。
最近では、小中学校や特別支援学校などの教育現場で、障がいをもつ児童の指導にあたることもあるようです。

 

適性

言葉や嚥下の訓練は、じっくりと時間をかけて取り組んでいく必要があります。そのため、根気強さや、相手に親身になって指導に取り組む姿勢などが問われます。
知識や技術はもちろんですが、観察力や想像力、相手に的確に伝えるための表現力が必要となります。
また、相手と適切な信頼関係を築けるよう努めていかなければなりません。

>>言語聴覚士が活かせる求人を探すならこちら<<

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】言語聴覚士とは?