【資格】作業療法士とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】作業療法士とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画124★大掃除は面倒臭い!そんな気持ちが変化した利用者の一言

人気記事ランキング

医療系の資格

【資格】作業療法士とは?

2018年8月29日

42介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門職員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

リハビリテーションの専門家の資格です。
理学療法士が筋力増強や関節の機能回復など、トレーニング的な要素が多いのに対し、作業療法士は家事や手工芸、スポーツといった活動によって、体力の維持・増進や社会生活に必要な応用能力を獲得していきます。
また、こうした活動により、自信や生きがいがもてるようになるなど、メンタル面への働きかけがあることも特徴のひとつです。

どんな試験がある?

作業療法士になるためには国家試験に合格する必要があります。
国家試験受験のためには、指定の養成学校(大学・短大・専門学校)で3年以上学びます。理系入試となるので、予備校を利用する人もいるようです。
試験では筆記試験と口述・実技試験が出題されます。筆記試験は解剖学、生理学などの知識を問う一般問題と、運動学、臨床心理学などについての実地問題とで構成されています。

どんな職場で活躍できる?

勤務先としては医療現場が多く、一般病院や併設のリハビリテーションセンター、精神病院、小児病院などが中心です。また特別養護老人ホーム、デイサービスなど、介護施設も活躍の場となっています。
勤務先によっては、訪問リハビリに対応するケースもあるようです。

適性

高い専門知識に加えて、社会復帰のための制度や関連機関の利用法、障がい者向けの器具の知識など、復帰のための様々な知識が必要になります。
そのため、常に新しい知識を学んでいく向上心が必要です。またリハビリという仕事柄、忍耐力やコミュニケーション能力も必須となるでしょう。
指導・訓練にあたって美術や音楽の知識・技能を活かす人もいるようなので、何か得意な分野があると、より活躍できるかもしれません。

>>作業療法士が活かせる求人を探すならこちら<<
>>リハビリ・機能訓練職の求人を探すならこちら<<

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 医療系の資格 > 【資格】作業療法士とは?