> 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 現場にあると嬉しい実用本 > 『脳トレ・介護予防に役立つ やさしいぬり絵 春から夏を彩る花編』

目的別に記事を探す

マンガ

人気記事ランキング

現場にあると嬉しい実用本

『脳トレ・介護予防に役立つ やさしいぬり絵 春から夏を彩る花編』

2020年5月22日

■書名:脳トレ・介護予防に役立つ やさしいぬり絵 春から夏を彩る花編
■監修者:篠原 菊紀
■出版社:世界文化社
■発行年月:2020年2月

>>『脳トレ・介護予防に役立つ やさしいぬり絵 春から夏を彩る花編』の購入はこちら

ぬり絵で脳の活性化!季節を感じて会話もはずむ!高齢者のレクやリハビリにどうぞ

ぬり絵には、リラックス効果があり、ストレス解消に役立つことが広く知られるようになった。
つまり、ぬり絵には、脳に良い影響を働きかける力があるということだ。

介護の現場においても、今、ぬり絵の効果が期待されている。

本書を監修した篠原教授は、ぬり絵が脳を活性化させることについて、脳科学の面から次のように説明している。

<ぬり絵は、形や色などの識別をつかさどる後頭葉を活性化させます。さらに、ぬり絵に伴う作業は、身体のコントロールをつかさどる線条体と小脳、そして運動野や前頭葉などに広がる脳の系統を鍛えます。(中略)ぬり絵などの作業を通し、頭をしっかり使うこと、それを続けることも大切で、脳への好影響を促します。>

介護の現場で、リハビリや認知症予防のために行う脳のトレーニングとして、ぬり絵はとても有効であることがよくわかる。
さらには、レクリエーションとして活用するものいい。各自のペースで取り組めて、創造性も発揮できる。楽しいレクリエーションの一つではないだろうか。

こうした背景から、本書の『やさしいぬり絵』シリーズは発売された。本書はその新作で、春から夏にかけての花のぬり絵が14種類楽しめる。

サクラ・バラ・チューリップ・ナノハナ・ヒヤシンス・スイートピー・ボタン・アヤメ・フジ・スイレン・アジサイ・アサガオ・ハイビスカス・ヒマワリ

それぞれの花について、以下の構成でページが作られている。

・ぬり絵の絵
・絵手紙のぬり絵
・花の写真と特徴
・ぬり絵の彩色見本

花は、春から夏へと開花の順に並ぶ。季節を感じながら、最初から順番に塗っていくのも楽しいし、会話のきっかけにもしやすいことだろう。また、花によって難易度にやや幅があるので、利用者に合ったレベルを選ぶこともできる。

どの花もシンプルで美しい絵柄なので、塗りたい気持ちがわきやすく、実際に塗りやすい工夫もされている。達成感を味わえる作業になるだろう。

『絵手紙のぬり絵』は、葉書サイズなので、色を塗って一言添えれば絵手紙になる。実際の花の写真や特長の説明文もあるので、話題作りにも役立つ。
ぬり絵に取り組みながら、無理なくその他の活動にも広げていける工夫がなされている。

『ぬり絵の彩色見本』にも、次のような大切な意味があるのだそうだ。

<見本を見て同じようにぬる作業は、同時に細部に注意を払うため、脳がより活性化するといわれています。見本を見ながらぬってみましょう。>

『やさしいぬり絵』シリーズには、本書の他に『秋冬の花編』『果物編』『昭和の暮らし篇』『昭和の遊び篇』『美しい模様の生き物篇』などが揃っている。
季節や利用者の好みに応じて選ぶことができるので、日々の活動の中で上手に取り入れてみよう。

 

監修者プロフィール(引用)

篠原 菊紀(しのはら・きくのり)さん
公立諏訪東京理科大学情報応用工学科教授、地域連携研究開発機構医療介護・健康工学部部長。長野県茅野市出身。東京大学、同大学院教育学研究科修了。応用健康科学、脳科学が専門。子どもから高齢者を対象に、脳トレ勉強法、認知機能低下予防、仕事力アップなどの著書や教材の開発多数。

合わせてチェック!介護のお仕事まるわかり情報

介護職・ヘルパーの魅力・やりがい・給与情報を徹底解説!
ケアマネの仕事の魅力や給与事情は?介護職からの転職でこんなメリットが!
サービス提供責任者の魅力や給与事情は?最新の資格要件も解説!
福祉用具専門相談員ってどんな仕事?やりがいや気になる給料事情を解説!
生活相談員ってどんな仕事?給料や仕事の魅力は?資格要件もチェック!
介護事務のお仕事を解説!平均給料は?仕事の流れは?資格は必要?

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 現場にあると嬉しい実用本 > 『脳トレ・介護予防に役立つ やさしいぬり絵 春から夏を彩る花編』