> 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > レク・脳トレ > 今年の十五夜はいつ?月見団子でお月見しませんか?

目的別に記事を探す

マンガ

人気記事ランキング

レク・脳トレ

今年の十五夜はいつ?月見団子でお月見しませんか?

2020年10月1日

10月1日は十五夜

十五夜とは?

「十五夜」は、秋の夜空に浮かぶ月を眺めるお月見をする行事。
2020年は10月1日(木)が十五夜です。

本来、旧暦では毎月15日の夜を「十五夜」と呼んでいました。
それが、8月15日の月が1年でもっとも明るく美しく見えるということから、8月15日にお月見をすることを「十五夜」と呼ぶようになったとされています。

「十五夜」と「中秋の名月」はどう違うの?

秋のお月見の時期になると、「中秋の名月」と言う言葉もよく聞きますよね。

一般的には、「中秋の名月」も「十五夜」も同じ意味で使われます。
現在では、旧暦8月15日の夜にお月見をする行事のことを、「十五夜」「中秋の名月」と言います。

旧暦では7月から9月までが秋で、その真ん中の日である8月15日を「中秋」と呼んでいました。
その「中秋」に上がる月のことを「中秋の名月」と呼んでいたのです。

「十五夜」って何をする日?

「十五夜」は、収穫を感謝し、豊作を祈る日。
月見団子やススキ、農作物を月にお供えする風習があります。

秋に収穫される米や芋などをお供えすることで、収穫を祝い、収穫に感謝するという意味が込められています。

月に見立てた月見団子を食べながらお月見をすると、秋らしい季節が感じられますね。

高齢者も安心!月見団子レシピ

月見団子の作り方・レシピ

十五夜・中秋の名月には、月見団子の行事食を作ってみませんか?
高齢者向けの、豆腐を使った柔らかい月見団子のレシピをご紹介します!

《用意するもの》
・白玉粉
・豆腐
・水(団子をこねるのに使います)
・鍋・お湯(団子をゆでるのに使います)
・氷水(ゆでた団子を冷やすのに使います)

《作り方》
(1)白玉粉と豆腐を、1対1の分量になるようにボウルなどに入れます。
(2)少しずつ水を加え、耳たぶくらいの柔らかさになるようにこねます。
(3)こねた団子の生地を食べやすい大きさに丸めます。
(4)団子を熱湯でゆで、浮いてきたら取り上げて氷水で冷やします。
(5)団子が冷えたらお皿に盛りつけて、好みの味付けをすれば完成!

こねて丸めるだけで簡単!
老人ホームや介護施設でのレクにもぴったりですね。

豆腐を入れることで団子が柔らかく切れやすくなります。
普通のお餅や白玉団子と比べて粘り気が減るので、誤嚥(ごえん)の心配が減りますよ。

それでも、高齢者は飲み込む力が弱っているので、食事の時は注意するようにしましょう。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > レク・脳トレ > 今年の十五夜はいつ?月見団子でお月見しませんか?