メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

音楽療法士の資格取得の方法や試験内容は?メリットや仕事への活かし方も解説!

音楽療法士の資格取得の方法や試験内容は?メリットや仕事への活かし方も解説!

介護業界には、音楽を通して施設利用者の力になれる「音楽療法士」という職業があります。音楽による療法には、利用者の心の安定や身体能力の維持・改善という効果があるため、介護シーンでも効果的な手法として用いられています。

今回は、音楽療法士の資格を取得する方法やメリットを紹介します。自分の音楽経験を介護業界で活かしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

音楽療法士とは、どんな資格?

音楽療法士は、音楽の持つ力や音楽活動を通して発生する人との関わりを通じて、利用者の心身の障がいを回復することや機能の維持・改善を図る音楽療法専門の資格です。

音楽の力に加え、医療や福祉、教育などの専門知識と技術を活用することで、利用者の不安やうつ状態を和らげたり、言語・認知に関わる機能や身体機能の維持・改善を図ったりなど、心の安定と精神的な成長を手助けするのが音楽療法士の役割です。

音楽療法士は音楽に親しみがあり、楽器の演奏技術という強みを活かし、医療や福祉、教育の現場で人の役に立ちたいという思いが強い方に向いている仕事です。

音楽療法士の資格で得られる知識・できることは?

音楽療法士は民間資格であるため、音楽療法士でなければできない業務というものはありません。

ただし、音楽療法士は音楽や音楽療法に関する極めて高い専門知識と技術が習得でき、かつ関連分野となる医療、福祉、心理学等の知識も習得できます。
そのため、医療や福祉、教育などの現場における音楽や援助の技術は相当に高いレベルまで到達することができます。

介護の分野では、他のリハビリテーションと併用して行われたり、レクリエーションとして取り入れられたりしています。一般の介護士と同様に、利用者と一緒に歌ったり、楽器を演奏したりすることはもちろんですが、一人ひとりの利用者の様子を注意深く観察しながらその時々に合わせて適切な演目やプログラムを導入していくのが音楽療法士の役割になります。

利用者は音楽活動を行うことで、短時間でも効果的に脳が活性化され、健康増進やリラクゼーション効果をより高めることが期待できます

音楽療法士の資格が活躍できる職場・就職先は?

音楽は介護や障がいの有無に限らず、誰でも感じたり楽しんだりすることができるため、音楽療法の利用者の対象年齢は乳幼児から高齢者までと幅広く、状態も健常者から重度の障がいのある方までさまざまです。

そのため、音楽療法士は児童施設や一般病院・精神科病院、介護施設・事業所、障がい福祉サービス事業所など多方面で活躍しています
 

音楽療法士の受験資格は?

音楽療法士は、様々な団体が独自に認定している民間資格です。代表的なものとして、日本音楽療法学会が認定する「音楽療法士」の資格取得の方法を解説します。

受験資格を得るためには、資格試験受験認定校へ入学する認定校コースか、学会が主催する(補)資格試験受験のための制度に参加する必修講習会コースの2通りがありました。

しかし、必修講習会コースについては2021年2月より募集が終了しているため、現在は認定校コースのみとなっています。

認定校コースでは、音楽療法士になるためのカリキュラムを専門学校や大学等で3年以上学び、必要単位を修得することで受験資格を得ることができます

介護職員初任者研修や介護福祉士といった介護系資格があっても、優位にはなりません。しかしながら、認定校のカリキュラムに音楽療法関連分野として福祉に関する単位を取得する必要があるため、介護系資格を予め持っていることは、この分野における単位の取得において有利となります。

音楽療法士試験の概要

日本音楽療法学会の認定試験「音楽療法士(補)試験」は年に1回、筆記試験と面接試験があります。

■試験日程
●筆記試験:1月頃
●面接試験:3月頃
(面接試験は、筆記試験の合格者が対象)

■受験料
●筆記試験:10,000円
●面接試験:10,000円
●資格認定料:30,000円 ※面接合格後に振込

■申込方法
【筆記試験】
筆記試験については下記の書類を揃え、日本音楽療法学会の学会事務局に送付します。なお、必要書類は学会ホームページ「認定校専用(補)受験申請関連」メニューよりダウンロードが可能です。

・日本音楽療法学会 音楽療法士(補)資格審査 受験申請書
・日本音楽療法学会 音楽療法士(補)資格審査 受験申請用 単位修得証明書
・受験料10,000円を振り込んだことのわかる振込票のコピー
・既卒者のみ、卒業証明書の原本

【面接試験(筆記試験と同一年度受験者)】
筆記試験については下記の書類を揃え、学会事務局に送付します。なお、必要書類は学会ホームページ「認定校(補)A専用 面接試験受験申請関連」メニューよりダウンロードが可能です。

・日本音楽療法学会認定音楽療法士資格審査(面接試験)「補A」申請書
・申告書【履歴】
・日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)資格証明書(原本とコピー)
・証明書原本返却用封筒

■受験会場
筆記試験:札幌・東京・名古屋・大阪・福岡(5会場から第2希望まで選択可)
面接試験:オンラインによる実施(新型コロナウイルス感染症の影響による)

音楽療法士の2021年度試験スケジュール

■筆記試験
申込期間:2021年11月15日(月)~29日(月)
試験日:2022年1月16日(日)
合格発表:未定(2020年度は1月下旬に学会ホームページ上で受験番号を発表)

■面接試験
申込期間:2022年1月26日(水)~2月9日(水)
試験日:2022年3月12日(土)、13日(日)
合格発表:未定(2020年度は学会ホームページ上で受験番号を発表後、3月末までに郵送にて通知)

音楽療法士試験の内容

■筆記試験
試験形式:マークシートを用いた多岐選択式問題100問と小論文。
小論文は日本音楽療法学会認定音楽療法士資格審査(面接試験)の口頭試問の対象となります。

試験内容:音楽療法科目を中心に、カリキュラムに関するガイドライン 11 に含まれる教科全般

<カリキュラムに関するガイドライン11>
・総合科目 17科目
・音楽分野 18科目
・音楽療法分野 20科目
・医学・心理学分野 7科目
・福祉・教育分野 5科目
・語学分野 3科目

■面接試験
試験形式:口頭試問と実技試験の合計15分間(口頭試問には、論述等の試問が含まれます)

試験内容
口頭試問/日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)資格試験(筆記試験)において作成した小論文等をもとに、音楽療法士としての資質などを確認。

実技試験/課題曲A群(メロディックな曲群)5曲のうち2曲、B群(リズミックな曲群)5曲のうち2曲を選択し資格審査(面接試験)申請時に明記する。
申請した曲の中から、当日指定された1曲の弾き歌いを行う。演奏審査時間は約 3分。
ただし、前回は新型コロナウイルス感染症の影響により、申請期日までに弾き歌いの動画を指定された方法で提出し、申請した曲の中からランダムに選ばれた1曲を面接当日に面接官が視聴し審査する形式となっています。

音楽療法士の資格を取得するメリットは?

音楽療法は、対象となる個々の利用者の状態に応じて音楽の効果が最大限に活かされるよう目的をもって関わることが求められます。
そのためには、音楽療法士としての知識と技術、音楽の持つ創造性を大いに活用し、個々の利用者を研究していくことが大切です。

自分が持っている音楽知識・技術をどう利用者のために活かしていくかを考えながら活動することは大きなやりがいになります。たとえば、介護保険施設・事業所の利用者が歌を歌うことで元気を取り戻したり、楽器を演奏するなかで達成感を得て笑顔になったりすると、音楽療法士と利用者が共に喜びに包まれる瞬間を感じることができます

音楽を通して利用者に喜びをもたらすことができるのは、音楽療法士ならではの醍醐味と言えます。
 
《レク・リハビリ関連でこんな資格も!》
健康運動指導士
介護予防運動指導員
レクリエーション介護士
介護予防健康アドバイザー
音楽療法士
音楽健康指導士
 

 
 
あなたの資格をアピールできる!
ケース別「自己PR」例文集はこちら
ケース別「志望動機」の例文集はこちら
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー