メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

介護食士とは?仕事内容や活かせる職場、資格の種類や取得方法を徹底解説!

介護食士とは?仕事内容や活かせる職場、資格の種類や取得方法を徹底解説!

食事は、日常生活から切っても切り離せない重要なものです。特に高齢者になると、身体機能の低下により怪我や病気のリスクが高くなるため、食事には気をつかう必要があります。

介護施設を利用する高齢者のなかには、健康管理のために介護食を食べている方もいますが、介護業界にはその介護食のメニュー考案や調理を専門に行っている「介護食士」という仕事があります。

今回は、介護食士の資格で得られる知識やメリット、実際に資格を取得するまでの方法を解説します!

介護食士とは、どんな資格?

介護食士とは、医学・介護と食事の双方を学び、高齢者にとって安全で美味しい食事作りの技術や知識の学習です。

介護食士は、公益社団法人 全国調理職業訓練協会が認定する民間資格です。内閣総理大臣認定・公益事業として行われているため、将来性のある資格の1つといえます。

食事とは栄養を摂取するだけでなく、「楽しむ」「喜ぶ」などの要素を脳へ送り、いきがいをつくる大切な要素でもあります。

つまり介護食士は、身体的な食事介助のみならず、精神的なサポートをする大切な役割も担っています

介護食士の資格で得られる知識・できることは?

介護食士のカリキュラムでは、高齢者食品学食品衛生学はもちろんのこと、高齢者の食事と心理の関係性調理方法などといった専門的な知識を身につけることができます。その知識を活かして施設ごとに与えられた役割をこなすことができるようになります。

たとえば、利用者の嚥下(えんげ)能力に合わせて特別食を提供したり、必要な予算を提示したりする能力が身につきます。また、少量しか食べられない方には、必要なエネルギーをどのように摂取すればいいかなどを指導することもできるようになります。

そのほかにも、調味料や味付けについて指導したり、実際に調理現場に入ったりすることもあります。

また、介護士や栄養士がさらなる知識を身につけるために資格を取得するケースも多くなっています。
この場合、資格取得前後でそれぞれの業務内容が大きく変わることはありませんが、食事内容と高齢者の状態を照らし合わせた助言・提案が可能になったり、高齢者に食事内容や介護食の調理過程を説明できるようになったりするなど、食に関する介護技術が上がることは間違いないといえるでしょう。

介護食士が活躍できる職場・就職先は?

介護食士の資格取得後の主な就職先としては以下が挙げられます。

・訪問介護事業所
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設
・デイサービス
・養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・病院(調理現場)
・高齢者健康増進施設
・高齢者交流施設

上記の施設の中でも、食事提供を行う有料老人ホームやデイサービスなどでは特に力を発揮できるでしょう。

そのほかにも、市町村やボランティア団体が行っているような高齢者健康増進施設や高齢者交流施設など、多彩な施設で活躍することができます。

介護食士の受験資格は?

介護食士の資格を取得するためには、2パターンの方法があります。

① 介護食士講座の講習会を行っている学校に入学し、受講する
② 一般の方を対象とした講習会を開講している施設で受講する

①は、栄養士や調理師などの資格を取るための学校に進学し、「介護食士のコース」を選択する場合などを指します。多くの方にとっては、②の方法で受講するのが近道となります。

介護食士の資格には、3級から1級までの等級があります。3級は資格取得のための要件はなく、誰でも受講することができます

1級と2級については、受講する1つ下の等級を保有していることが、受講条件です。たとえば、2級を受講するためには3級の資格を保有していることが条件となります。

さらに1級試験に関しては、25歳以上かつ2級の取得後に介護食調理の実務経験を2年以上積んだ方のみ挑戦することができます。

資格等級が上がるほど資格取得の難易度は高くなりますが、その分専門性を追求した学習ができるようになります。

介護食士の講習・試験の概要

介護食士として活躍するためには、講習会受講後に修了試験を受けて合格する必要があります。

試験難易度はけっして高くなく、最初に挑戦する3級に関しては合格率が100%に近いといわれています。しっかり講習を受けて臨みましょう。

■受験会場
全国54か所の協会認定の認定校で講習会が実施されています。

■試験・講座日程
3級・2級・1級いずれも受講時間は72時間。
講習会修了時に筆記試験と実技試験が行われます。

講座・試験日程は開講施設によって異なるため、各施設にお問い合わせください。

■受験料
7万~9万円程度
※講習会開講施設によって異なります。

また、受験料とは別に資格申請料として6,600円の別途費用がかかります。

■申込方法
全国調理職業訓練協会のホームページに、講習会の開講施設が記載されています。全国各地に開催地が分布しているので、お住まいの最寄りの会場へ申し込むことができます。

介護食士の2021年度講習・試験スケジュール

■申込期間
講習会開講施設によって開講時期が異なります。詳しくは全国調理職業訓練協会のホームページから、各施設にお問い合わせてください。

■研修日
講習会開講施設によって開講時期が異なります。詳しくは全国調理職業訓練協会のホームページから、各施設にお問い合わせてください。

■試験日
講習会修了時に筆記試験と実技試験が行われます。試験日程は開講施設によって異なります。

■合格発表
講習会開講施設によって異なります。

介護食士の講習・試験の内容

■介護食士3級講習会のカリキュラム・内容
学科(25時間)
・介護食士概論
・医学的基礎知識
・高齢者の心理
・栄養学
・栄養学基礎
・高齢者栄養学
・食品学
・食品学基礎
・高齢者食品学
・食品衛生学
・食品衛生学基礎
・高齢者食品衛生学

実習(47時間)
・調理理論・調理実習の基礎
・調理理論・調理実習

■介護食士2級講習会のカリキュラム・内容
学科(16時間)
・医学的基礎知識
・高齢者の心理
・栄養学
・食品学
・食品衛生学

実習(56時間)
・調理理論・調理実習

■介護食士1級講習会のカリキュラム・内容
学科(32時間)
・医学的基礎知識
・関係法規
・栄養学
・臨床栄養学
・食品学
・食品衛生学

実習(40時間)
調理理論・調理実習

■試験
講習会終了後に、修了試験があります。試験には筆記試験と実技試験があります。

また、試験を受けるためには講習会全日程の80%以上の受講が必要です。

■合格基準
合格基準点は筆記・実技試験ともに、60点以上で合格となります。

介護食士の資格を取得するメリットは?

最後に、介護食士の資格を取得するメリットを紹介します。

1.介護食の意義について根拠を持って理解することができる
介護食について、根本から理解することができるようになります。介護食についての知識があると、介護技術の自信にもつながります

2.利用者とのコミュニケーションの幅が広がる
施設の利用者にとって、食事は楽しみの1つです。食事についての希望を聞いたり、ときには提案したりなど、利用者とのコミュニケーションの幅が広がるきっかけになります

3.介護食の知識を有することが証明できる
介護食士の資格自体は知名度が高いわけではありません。しかし、転職時に行われる面接試験では介護と食事の両方について勉強していることを証明できます

近年では食事に力を入れている介護福祉施設も多く、そのような施設では特に重宝されます。

4.対応できる業務の幅が広がる
介護施設での調理者求人は、無資格で募集されていることもあります。無資格で応募するよりも、介護食士の資格を持っている方が採用につながる可能性は高くなるでしょう。
介護食士の資格を取得することで、活躍できる職場の幅が広がります。

あなたの資格をアピールできる!
ケース別「自己PR」例文集はこちら
ケース別「志望動機」の例文集はこちら

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー