メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

介護福祉経営士とは?学べる内容や試験概要、活かせる仕事などを詳しく解説!

介護福祉経営士とは?学べる内容や試験概要、活かせる仕事などを詳しく解説!

介護施設で働いている方の中には、いずれは「施設長を目指したい」「役職に就きたい」「施設経営をしてみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし実際に介護の現場で働いていても、介護施設の経営や介護福祉の仕組みについて学ぶ機会は少ないものです。

そこで今回は、介護福祉事業の経営やマネジメントについて学ぶことができる「介護福祉経営士」という資格をご紹介します。出世志向のある方や、よりよい人材教育がしたい方におすすめなので、スキルアップの手段としてぜひ取得を検討してみてください。

介護福祉経営士とは、どんな資格?

介護福祉経営士は、2013年に一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会によって設立された民間資格で、介護福祉事業の経営・マネジメントができる人材を育成するための資格です。

介護福祉経営士資格の等級は2級・1級の2種類があり、2級では基礎的な内容を学び、1級ではより専門的な実践力を学びます。

介護福祉経営士の資格で得られる知識・できること

「介護福祉経営士」の資格取得のための学習は、日本介護福祉経営人材教育協会推薦テキストを用いた自己学習が主となります。

テキスト学習では、「経営ノウハウ」「人材管理・人材確保」「安全な施設運営」などの知識を得ることができます。

また、資格を取得することで実際の業務でも以下のような業務を行うことができるようになります。

<介護福祉経営士の業務の例>
・安全な事業運営のための施設点検を行う
・職員との個別面談やヒアリング、アドバイスを行う
・介護、家族、費用などの面から適切な介護が受けられるように提案する
・介護に関する法律や改善点の周知

業務内容の幅が増えるため、やりがいを感じる場面も多くなるでしょう。

しかし、2021年時点で、介護福祉経営士の資格には法律で定められた業務はありません。
施設によっては資格を取得したとしてもこれまで通り介護実践の現場での業務が主となる場合もあります。

働きながらの取得を考えている方は、資格取得をすると働き方や業務内容がどう変わるのかなどについて施設管理職の方と打ち合わせしておきましょう。
 

介護福祉経営士が活躍できる職場・就職先は?

介護福祉経営士の資格を保有している方は主に以下のような場所で活躍しています。

<介護福祉経営士の就職先例>
・高齢者入居施設
・高齢者通所施設
・介護業界会社の事務や人事、マネジメント部門、営業部門など
・民間の介護・健康相談窓口(コールセンター含む)

高齢者や介護に直接関わる仕事が多くなります。なかには、資格を活かして介護実践の少ないデスクワークへシフトする方もいるなど、働き方の幅が広がるという利点があります。

また、稀に介護現場とはあまり関連のない、求職者にサービスを提供するキャリアコンサルタントや金融機関職員などの募集もあります。

 

介護福祉経営士の受験資格は?

介護福祉経営士の受験資格は、受験する級によって異なっています。

一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会の公式ホームページでは、以下のように記されています。

介護福祉経営士2級
資格認定試験の受験資格に、年齢、学歴、国籍等の制約はありません。(成年被後見人および被保佐人でないこと)

介護福祉経営士1級
資格認定試験は、「介護福祉経営士2級」(正会員)であることが受験要件。(成年被後見人および被保佐人でないこと)

上記からわかるように、初めて介護福祉経営士を取得する際には、まず2級から受験する必要があります。そのため、1級の取得を目指す方は段階を追って挑戦していきましょう。

介護福祉経営士認定試験の概要

正式には「介護福祉経営士資格認定試験」という名称の試験となります。試験概要は以下のようになります。

■試験日
試験は、CBT方式を採用しています。そのため、受験者は1年を通して自身のスケジュールに合わせた日程で試験を受けることができます

※2021年度の新型コロナウイルスによる感染対策・影響は各テストセンターによって異なります。問い合わせをしてから受験申し込みを行いましょう。

■受験料
2級:9,000 円(税込)
1級:10,400 円(税込)

別途、協会への入会費も必要になります。
入会金:5,250円(税込)
年会費:10,500円(税込)

■申込方法
申込方法は、インターネット申し込みのみとなっています。電話や郵送での受付はありません。

■受験会場
全国47都道府県・計200ヶ所以上あるテストセンターから好きな場所を選んで受験することが可能です。

介護福祉経営士の2021年度試験スケジュール

■申込期間
試験は年末を除いて毎日実施されています。受験会場によって受験可能日や時間帯が異なるため、受験希望の会場のスケジュールを確認するとよいでしょう。

3ヶ月先までの日程であれば受験日を指定することが可能です。

■試験日
試験は全国各地のテストセンターで毎日実施されています。詳しくは受験希望の会場のスケジュールを確認するようにしてください。

■合格発表
合格結果は試験終了時に画面上で表示されます。また、当日会場でも結果を受け取ることになります。

試験に合格すると、合格証明書が交付されます。

介護福祉経営士認定試験の内容

介護福祉経営士の試験内容について紹介します。

■介護福祉経営士2級
試験は全40問、試験時間60分で実施されます。
試験内容はマークシート形式で、出題内容は公式テキスト全範囲です。

<介護福祉経営士2級 出題範囲>
介護福祉経営学基礎Ⅰ
・介護福祉政策概論
・介護福祉経営史
・介護福祉関連法規
・介護福祉の仕組み
・高齢者介護と介護技術の進歩
・介護福祉倫理学

介護福祉経営学基礎Ⅱ
・医療を知る
・介護報酬制度/介護報酬請求事務
・介護福祉産業論
・多様化する介護福祉サービス

■介護福祉経営士1級
試験は全50問、試験時間80分で実施されます。

<介護福祉経営士1級 出題範囲>
介護福祉経営学実践Ⅰ
・介護福祉経営概論
・介護福祉コミュニケーション
・事務管理/人事・労務管理
・介護福祉財務会計

介護福祉経営学実践Ⅱ
・組織構築・運営
・介護福祉マーケティングと経営戦略
・介護福祉ITシステム
・リハビリテーション・マネジメント
・医療・介護福祉連携とチーム介護
・介護事故と安全管理
・リーダーシップとメンバーシップ、モチベーション

総合問題
・社会保障に関する時事問題等

■合格基準・合格率
2級・1級どちらも得点率60%以上で合格となります。合否は当日のうちに判明します。

また、合格率は60%程度といわれています。テキストは会場に持ち込めないため、しっかりと学習して試験に臨みましょう。

介護福祉経営士の資格を取得するメリットは?

最後に、介護福祉経営士の資格を取得するメリットを紹介します。経営やマネジメントに興味がある方は参考にしてみてください。

■キャリアアップに活かせる
介護福祉経営士は、介護施設経営マネジメント・人材教育・介護報酬などについて学ぶことができます。どの分野の知識も、施設長や主任などの役職に就くために必要な知識ばかりです。

ゆくゆくは経営・マネジメントに携わっていきたいと考えている方には特におすすめの資格です。

■現場では学ぶ機会が少ない施設経営について学べる
介護現場で働いていては学ぶ機会の少ない施設経営について、分かりやすいテキストで効率良く学ぶことができます。

施設の仕組みを理解することや、人材の教育・マネジメントの知識です。知識を持っておいて損することはないでしょう。

■介護の質を向上できる
資格取得で得た知識を活用して新人教育を実践し、介護施設全体の介護の質を向上させることにつなげることができます

■今まで見えなかった問題点が見える
要介護者が適切な介護を受けるためには、さまざま環境・関係を評価していく必要があります。
今まで知識が乏しかったためにわからなかった問題が見えるようになることで、最適な介護を提供することができるようになります。
 
《介護業界でのキャリアアップに活かせる資格・研修》
認定介護福祉士
認知症介護実践リーダー研修
認知症対応型サービス事業管理者研修
認知症介護指導者養成研修
 

 
 
あなたの資格をアピールできる!
ケース別「自己PR」例文集はこちら
ケース別「志望動機」の例文集はこちら
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー