> 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ >介護現場で働く力がアップ

目的別に記事を探す

人気記事ランキング

介護現場で働く力がアップ

記事一覧(新着順)

  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年8月23日
    『自分が高齢になるということ』
    「自分が高齢になるということとは?」 そう問われて、何の不安もなく明るく楽しく毎日を過ごす姿を思い描く人は少ないだろう。老いてくると、体の自由がきかなくなったり体のあちこちが痛くなったり...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年8月16日
    『ケアマネジャーのためのアセスメント力向上BOOK-「アセスメント見える化ツール」で自信がつく!』
    介護の職場でよく使われる「アセスメント」という言葉。 「アセスメント」とは、ケアプラン作成のための基本情報として、利用者の状態や希望などを把握すること。 アセスメント力が向上すれば、適切...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年8月9日
    『だいじょうぶだよーぼくのおばあちゃんー』
    ぼくは「おばあちゃんがだーいすき」。 近所に1人で暮らしていて、遊びに行くと、にこにこ笑顔で迎えてくれる。おばあちゃんの畑で野菜を採ったり、一緒に動物園に行ったりもした。楽しい思い出がい...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年8月2日
    『身近な事例で学ぶケアマネジャーの倫理』
    介護を必要とする高齢者になっても、人として意思を尊重され、人として大切にされるべきであることに変わりはない。 個人の尊厳を守ることに条件はない。 しかし、介護の現場では、さまざまな事情が...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年7月12日
    『ヘルプマン!! 取材記 vol.1』
    本書の主人公・鯱浜良平(しゃちはま りょうへい)は、社会部への転属を夢見る「ことぶき新聞 生活部」の記者だ。夜中に大好物のカップラーメンを2個も食べたりするせいで、ぽっちゃり体型。その体...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年7月5日
    『あなたの老いは舌から始まる―今日からできる口の中のケアのすべて』
    「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という8020(はちまるにいまる)運動が注目されるようになって久しい。 その成果もめざましく、自分の歯をたくさん残せている高齢者が増えている...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年6月21日
    『なぜ人と人は支え合うのか』
    2018年12月公開の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』をご存知の方もあることだろう。 筋ジストロフィーの男性と介護ボランティアたちの交流を生々しく描き、タイトルのユニークさや...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年6月14日
    『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』
    徘徊する、日常会話が成立しない、暴言を吐く、入浴を嫌がる。 認知症の方を介護していると、何かしらのトラブルが生じるというのは、介護職なら誰もが経験していることだろう。 そんな時こそ、「認...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年5月31日
    『認知症専門医が教える!脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!』
    「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉を知っていますか? 「8020運動」とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動のこと。30年も前の1989年に厚生省(当...
  • dam

    介護現場で働く力がアップ
    2019年5月24日
    『Go Go! 介護』
    著者の津田かおりさんは、イラストレーターの仕事をしながら、週2〜3日介護の仕事を続けている人だ。 まったく畑の違う介護の世界に飛び込んで、早10年。 介護の資格取得のためのスクール通いか...

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ >介護現場で働く力がアップ