「1人夜勤の時が心配」介護職が感じる看取りの不安を解消するには? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 「1人夜勤の時が心配」介護職が感じる看取りの不安を解消するには?

要注目!介護の最新事情

「1人夜勤の時が心配」介護職が感じる看取りの不安を解消するには?

2017年2月16日

高齢者の介護をする介護職は、利用者の死にしばしば遭遇します。
特に冬場は体調を崩しやすいこともあって、亡くなる方が多いという声をよく聞きます。
介護職はここ数年の間に、看取りに携わることが増えて来ました。

 

看取りに取り組むには知識習得も大切

image001介護職に看取り介護についての思いを聞くと、看取りに携わることへの不安の大きさを感じます。
特別な病気を持たず、老衰に近い形で命を終えていく場合であっても、その過程では呼吸が荒くなるなど状態に変化があります。
そうした状態変化を経験したことがないと、何か取り返しのつかないことが起きているのではないか、何か対応しなくてはいけないのではないかと、不安になるのだと言います。

医師などに連絡すべき状態変化と、見守るべき状態変化の違いがわからない。
だから、夜勤の時に看取り対応の利用者がいると不安で仕方がない。
そんな声も聞いたことがあります。
確かに、1人夜勤の時、異変が起きたときにどう対応したらよいかと考えると、不安になるのは自然なことだと思います。
また、利用者の家族に対してどう声をかけたらいいかなど、戸惑うことも多いことでしょう。

これを乗り越えて行くには、死に至る過程についての研修が大きな意味を持つと言われています。
ある介護事業所では、「看取りのプロセス」について繰り返し研修を行っているといいます。
研修の際は、職員に「看取りの際に何を不安に思うか?」と丁寧に聞き取り、その不安を解消する情報提供をしているといいます。
これを繰り返したことで、その事業所では看取りに対する不安感が軽減され、今では、どの職員も当然のように看取り介護を行えるようになったそうです。

 

看取り後は、是非振り返りのカンファレンスを

image003では、看取りに至るまでにはどのような状態の変化があるのでしょうか。
看取りの時期に入ると、徐々に食欲が低下し、水分も取らなくなっていきます。
かつては、「脱水になる!」と、ここで点滴をすることも多かったようです。
しかし、今では点滴は行わないケースがふえています。
体が命を終えていく準備に入り、すでに水分や栄養分を受け付けなくなっているからです。
点滴をすると、体が水分を吸収できず、かえって本人を苦しめることになるとも言われています。
この段階では、水分も食物も取れなくなっているため、尿や便などの排泄量も減ります。
尿は紅茶のような濃い色になります。

呼吸は、ペースもパターンもいろいろと変わっていきます。
不規則な呼吸になり、数秒から数十秒、無呼吸が続き、そのあと深い呼吸をすることもあります。
早くて浅い呼吸をすることもあれば、とても遅い呼吸をすることもあります。
時々、うめくような呼吸が聞こえることもありますが、苦しんでいるのではなく、空気がのどを通るときに鳴る音なのだと言います。
それから、「下顎呼吸」と言われる、頭を後ろにそらし、顎だけが動く呼吸が見られます。
多くの場合、この呼吸が見られると、1~数時間で亡くなるといわれています。

こうした過程を理解した上で、実際に看取り介護に当たれば、少しは不安が軽減されることと思います。
そして、お勧めしたいのは、看取り介護を経験したあと、その経験について振り返りのカンファレンスを行うことです。

感じた不安やつらさ、納得できない思い、反対に、よかったと思えたことなどがあれば、それを共有します。
共有することで、つらさが軽減できたり、これでよかったのだと思えたりすることもあります。
看取りについての知識を身につける。
看取りを経験する。
経験した看取りをみんなで振り返る。
そうした経験を重ねていくと、看取り介護は、むしろ「それまでの介護の集大成」と、前向きにとらえられるようになるかもしれません。

<文:宮下公美子 (社会福祉士・臨床心理士・介護福祉ライター)>

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 「1人夜勤の時が心配」介護職が感じる看取りの不安を解消するには?