> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 高齢者の痛みが和らぐ「楽しい時間」と「タッチケア」の効果とは

要注目!介護の最新事情

高齢者の痛みが和らぐ「楽しい時間」と「タッチケア」の効果とは

2019年8月29日

楽しさを感じていると忘れる「痛み」の不思議

高齢者には、体のあちこちに痛みを持つ人が少なくありません。
始終、痛みを訴える人に、介護職として対応に苦労することもあることと思います。

一方で、日頃、強い痛みを訴えている高齢者が、外出レクリエーションなどに参加すると、ケロリとして笑顔で過ごしているのを見たことはないでしょうか。
あるいは、普段、痛くて手が動せかないと言っている人が、施設を訪れた小学生から笑顔で握手を求められて、さっと手を伸ばす姿なども。

「うれしいこと、楽しいことなら痛みを忘れる」高齢者は、介護現場でしばしば見かけるように思います。

これは決して、その高齢者が普段、大げさに痛みを訴えているということではありません。痛みとは不思議なもので、本人が好きなこと、楽しいことをしていると軽減されることが多いのです。

つまり、「痛み」は身体的な要因から起こるだけでなく、精神的な要因によって強く感じたり、薄らいだりすることがあるということです。

身体的な要因から来る痛みは、医療で対応する領域です。薬や注射などの治療によって、軽減できることも多いでしょう。
しかし、精神的な要因によって生じる痛みは、医療だけでは十分に対応できません。薬物などの治療だけでなく、ケアの力で軽減することも必要になるでしょう。

 

介護では「痛みを意識しない時間」を作ってあげるケアを

痛みを軽減するケアとして、一つには、その高齢者の生育歴や趣味、特技などを十分に聞き取り、得意なこと、好きなこと、やりたいと思えることに取り組めるよう支援する方法があります。

痛みを感じやすい人は、「この痛みさえなければ」と、痛みがあることでできないつらさなど、「痛みへの恨み」とも言える思いばかりに意識が向きがちです。
それでは、ますます痛みに意識が集中し、痛みを強く感じてしまいます。

そうではなく、「痛みがあってもできそうな、“楽しい”と思えることは何か」を一緒に考え、少しずつでも取り組んでいきます。そうすることで、少しでも痛みから意識がそれる時間を作るのです。

痛みから意識がそれるのは、1日5分からでもかまいません。
とにかく、「痛みを意識しないですむ時間」を作ることに意味があります

そして、「痛みを意識しない時間」ができたことを、本人に認識してもらうのです。その時間を少しずつ増やしていくことが、痛みを軽減することにつながります。

 

1日5分の「タッチケア」でも痛みは軽減できる

あるいは、「大切にされている」と、その人が感じられる時間をつくるのもよい方法です。
例えば、ある有料老人ホームでは、手で優しく触れることで、体や心の痛み、つらさを軽減する「タクティールケア」という手法を取り入れています(*)。

子どもの頃、おなかが痛いと訴えたとき、親におなかに手を当ててもらうだけで、なんとなく痛みが和らいだ経験はないでしょうか。
「タクティールケア」のようなタッチケア(触れるケア)は、一対一で向き合い、優しく触れることで、「大切にされている」「優しくしてもらっている」という、高齢者の満足感を高めます。

タッチケアそれ自体の持つ力と共に、「自分は大切にされている」という満足感にもまた、痛みを軽減する力があるのです。

これもまた、1日5分からでもよいと思うのです。
『今日はこの人のために特別な時間を作ろう。』そう考え、1人の利用者とじっくり向き合う。
それだけでも意味があります。

介護職の方は、日々、忙しく、ルーティンワークに追われがちかも知れません。
しかし、1人の利用者さんと一対一で向き合う時間は、おそらく介護職の方自身にとっても、豊かで意味のある時間になることと思います。

<文:介護福祉ライター・社会福祉士・公認心理師・臨床心理士 宮下公美子>

*認知症にも緩和ケア 痛みや不安 触れて和らげる(日本経済新聞 2019年8月7日)

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 高齢者の痛みが和らぐ「楽しい時間」と「タッチケア」の効果とは