メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

ヤングケアラーのために何ができる?介護で孤立する子どもたち

ヤングケアラーとは

ヤングケアラーという存在を知っていますか?
介護や看護が必要な家族のケアをしている18歳以下の子どもや若者がヤングケアラーと呼ばれています。

ヤングケアラーとは

「ヤングケアラー」とは、病気や障害、精神的な問題を持つ家族の世話や介護を担っている子どもや若者のことです。

病気などで介護・看護が必要な親の世話をする、親の代わりに介護・看護が必要な兄弟の世話をする、同居する家族の介護で手いっぱいとなっている大人の代わりに家事を行う、など、様々な状況に置かれている子どもたちが存在しています。

ヤングケアラーの過酷な現実、ご存知ですか?10代で介護に直面する若者たち
10代で親の介護がスタートした当事者の声「まだ役所に頼るような状態ではないんだな、と思ってしまったのです。」…

 

ヤングケアラーが孤立するのはなぜ?

「介護」という言葉の持つネガティブなイメージにより友人知人に相談しにくい、という意見もありますが、実際はどうなのでしょうか。

自宅で介護をしていると、無意識に自分がケアをしている状況が当然となってしまい、『誰に助けを求めたら良いのか』『SOSを出しても良いのか』がわからないのかもしれません。

ヤングケアラーを救う「おせっかい力」に期待:介護現場から地域へ
介護保険や福祉省外サービスなど、日本の介護福祉制度は申請主義。利用できるサービスがあることを知らない、手続きの仕方がわからないために、家族でケアを担い続けているケースもあると思います。…

 

ケアラーの現状に少しでも目を向けてあげたい

自宅で親や兄弟、家族の介護を担い続けている「ヤングケアラー」。

こんな生活は大変だと思っても、どんな支援が受けられるか当人だけではわからないという事実もあるようです。

『親の手伝いや世話をするいい子』と見られがちなヤングケアラーたちが、必要な支援を受け、やりたいことを我慢する生活から脱するために、何ができるか?

まずは実態を知ること。
そして、自分の周りに孤立している介護者がいたら、声を掛けてみること。
インターネットやSNSを通じてヤングケアラーや介護者を支援する団体に話を聞くこともできます。
こうしたヤングケアラー当事者の声がもっと知られるようになり、「いつでも相談ができる」社会が広がることを願います。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー