メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

非常食・消毒液の備蓄はOK?今日は帰り道の避難場所も確認しよう!

非常食・消毒液の備蓄はOK?

9月1日は「防災の日」

9月1日は「防災の日」です。
台風、豪雨、地震、津波、洪水など、いつどこで起こるかわからない自然災害。
災害の知識を深め、災害が起きた時のための心構えをするための日が「防災の日」です。
明日来るかもしれない災害に備えて、「食料品の備蓄」「感染症対策用品の備蓄」「災害時の行動」を確認しておきましょう!

食料品備蓄の見直しを!

地震や台風などの自然災害に備えて、家庭でも食料などを備蓄しておきましょう。
・飲料水:1人1日1リットル
・主食になる、レトルトのご飯など
・タンパク質を取るための、缶詰やレトルト食品など
・カセットコンロとボンベ
これらを最低でも3日分、できれば1週間分の食料備蓄として確保することが推奨されています。(参照:農林水産省パンフレット「少し多めに買いおき~家庭備蓄のススメ~」より)

備蓄用のレトルト食品には、高齢者・乳幼児でも食べられる柔らかいおかゆや、アレルギー対応の食品もあるので、必要な数を揃えておくと安心です。

また、食料品の備蓄には「ローリングストック」がおすすめ。
保存期間が長く保存しておける食品を少し多めに買い置きし、賞味期限が近いものから消費。食べた分だけ備蓄として補充するローリングストックで、いつでも食料品を備蓄しておくことができます。

感染症対策用品も備蓄を!

新型コロナウイルスの影響で一時はマスクや消毒液などが手に入らない状態が続きました。
自然災害が起こった時に、今と同じように入手できるとは限りません。

・マスク
・手指用毒用アルコール
・石けん・ハンドソープ
・ウェットティッシュ
これらの感染症対策用品も、食料品備蓄と同様に3日分、できれば1週間分を家庭で備えておきましょう。

また、持病の薬や補聴器、歯みがきセット、入れ歯洗浄剤、紙おむつや生理用品など、生活用品の備えもお忘れなく。

災害時の防災グッズや非常用持ち出し品のチェックシートは、首相官邸ホームページや消防庁ホームページで公開されているので、確認しておきましょう。

今年の避難訓練は生活の場で

新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、今年は大勢が集まる避難訓練を中止にする自治体が多くなっています。

今年は職場や自宅で災害時の行動を確認してみましょう。

参考にしたいのが「シェイクアウト訓練」
シェイクアウト訓練とは、地震から身を守る「まず低く、頭を守り、動かない」を身に付けるための訓練で、決められた日時に今いる場所で安全を確保する訓練を行うこと。
避難会場に集まるのではなく、自宅や職場、学校、外出先など、生活の場で地震が起こった時にどのように行動するかを確認するための訓練です。

このシェイクアウト訓練にならって、自宅・職場・電車の中・運転中・帰宅中に、地震や豪雨、津波、台風の被害にあったらどこで身の安全を確保するか、実際に体を動かしてみるとよいでしょう。

高齢者がいる家庭や介護施設などでは、家族や介護士が高齢の方と一緒に避難することもあります。

避難経路や階段を高齢者が歩けるか?車いすは通れるか?
抱えたりおんぶして歩くとき、どこまで進めるか?
避難場所に座ったり横になったりするスペースはあるか?
薬など必要な物品は誰が持ち出すか?

災害時の行動で必要なことを書き出し、チェックしておきましょう。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー