> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 住みたい街1位に急上昇!「本厚木」ってどんな街?

要注目!介護の最新事情

住みたい街1位に急上昇!「本厚木」ってどんな街?

2020年9月11日

先日、『コロナ禍での借りて住みたい街ランキング』が発表されました。
第1位は「本厚木」。前回3位からランクアップです。

なぜ1位?「本厚木」が人気の理由

本厚木が人気の理由

本厚木駅は、小田急線で東京都心まで1時間以内で行けることから、都心へ通勤する人に人気があるエリアです。

東京・横浜方面へ1時間以内で通勤できて、東京都内より家賃が安い本厚木エリアは、元々住みたい街として人気のエリアでした。

今年に入ってから新型コロナの流行で在宅勤務が増え、出勤・出社回数が減った人たちが、住みやすさを求めて本厚木エリアへの引っ越しを考えるようになったのかもしれません。

「本厚木」ってどんなところ?

「本厚木」ってどんなところ?

本厚木は、神奈川県厚木市にある本厚木駅を中心にしたエリアを指します。

小田急線の急行を使えば、新宿駅まで約50分、小田原駅まで約45分。
また、東名高速、圏央道のインターチェンジにも近く、車でのレジャーにも便利です。

本厚木は交通が便利である一方で、豊かな自然に囲まれた街でもあります。
自然公園やお寺、都心に一番近い温泉など、観光スポットとしても人気のある街です。

「本厚木」は高齢者も暮らしやすい!

「本厚木」は高齢者も暮らしやすい!

本厚木が位置する厚木市は、高齢者福祉サービスや育児支援が充実。
幅広い世代が住みやすい街として、様々な制度が整っています。

厚木市の高齢者福祉・介護サービスには
・タクシー利用料の補助
・はり・きゅう・マッサージ費用の補助
・在宅理容・美容費用の補助
・介護従事者への研修費用の補助
などがあります。

この他、認知症に関するパネル展示や図書館の特設ブースの設置を行うなど、啓蒙活動も積極的に取り組んでいます。

9月21日(世界アルツハイマーデー)には、認知症相談や機能測定、映画鑑賞会が無料でできる「あつぎオレンジフェスタ」が開催されるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

住みたい街「本厚木」は働きやすい街でもあった!

「本厚木」は働きやすい街

厚木市では、市内の介護事業所で働く方を対象に、研修費用を補助する制度があります。
対象者は、厚木内の介護保険指定事業所で介護職として働く、厚木市民。
なんと研修費用・受講料の75%を市が負担してくれるのです。

対象となる研修は
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・ケアマネジャー実務研修(介護支援専門認実務研修)
・主任ケアマネジャー研修(主任介護支援専門員研修)
・喀痰吸引研修
・居宅介護職員初任者研修
すでに研修を受けている人でも、受講後1年以内に厚木市内で介護職として働き始めればOKです。

他にも、厚木市に転入してきた介護職に10万円を交付する「介護職転入奨励助成金」、介護職に復職した人に10万円を交付する「介護職復職等奨励助成金」など、介護士として働く人を応援する制度がたくさん。

厚木市のバックアップで、介護士として働いてみませんか?

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 住みたい街1位に急上昇!「本厚木」ってどんな街?