> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > その疲れ「秋バテ」かも!症状と対策は?

要注目!介護の最新事情

その疲れ「秋バテ」かも!症状と対策は?

2020年10月13日

その疲れ「秋バテ」かも!症状と対策は?

食欲がない、体がだるい…それって「秋バテ」かも

暑い夏が終わってようやく過ごしやすい季節になってきたのに、なんだか体がだるい…という不調を感じていませんか?
気温が下がった秋ごろに、何となく体の不調を感じることがあれば、それは『秋バテ』かもしれません!

秋バテの原因は?

夏から秋にかけての季節は、朝晩の気温は下がるのに日中は夏日になるほど暑い、真夏と違って空気が乾燥しているなど、環境の変化が激しい季節です。

前日との気温差や日中の寒暖差によって、体は思った以上に疲れてしまうもの。
夏の疲れが残ったまま、気温変化によって自律神経のバランスが乱れると、「秋バテ」と呼ばれる体調不良の症状があらわれてしまうんです。

こんな症状が「秋バテ」のサイン

□疲れがとれない
□朝なかなか起きられない
□食欲がない
□体がだるい
□頭が痛い
□めまいがする
□便秘や下痢をしている
など。

毎日の習慣で上手に秋バテ対策を

秋バテ対策には、体を冷やさないことが大切です。
毎日の習慣を少し変えて、秋バテに負けない体を作りましょう!

●体を温める食材を食べる
体の冷えと秋バテ対策には、体の中から温まる食事がおすすめです。

ニンジンやじゃがいもなどの根菜類には、体を温める効果があると言われています。
具だくさんの味噌汁や豚汁などに、たっぷり野菜を入れてよく煮込めば、心も体もほっとしますよ。

高齢者も食べやすい!夏バテ知らずのレシピ

 
●軽い運動で体を動かす
軽い運動をして汗をかくことで、体温調節機能を高めることができます。
全身の血行が良くなれば、眠りにもつきやすく睡眠不足対策にもなります。

ウォーキングやヨガ、ラジオ体操など、無理のない範囲で体を動かすようにしましょう。

楽しく動いて脳も活性化!「シナプソロジー」って?

 
●入浴は湯船に浸かる
秋バテ対策で冷えを取りたいなら、湯船に浸かって体を温めるのが◎。
入浴はシャワーですませず、38~39度くらいのぬるめのお風呂に入って、体を温めるようにしましょう。

手軽に試せるアロマセラピーでリフレッシュ

 
体の冷えや自立神経の乱れによっておこる「秋バテ」。
秋バテ対策をすることで、免疫力もアップします。

風邪やインフルエンザに負けないためにも、秋バテ対策をして元気に過ごしたいですね。

 
 

◇合わせて読みたい◇

招き猫体操?!座ったまま『手首ストレッチ』が意外と効果的!

「自粛疲れ」の軽減に!家でできる【リラックス方法5選】

【マンガ】介護施設での「利用者さんへのやさしいウソ」

 

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > その疲れ「秋バテ」かも!症状と対策は?