介護職・ヘルパー
介護施設
介護業界
新型コロナウイルス

2020年12月04日

介護現場に布マスク 国が追加配布!【厚生労働省最新情報】

介護現場に布マスク 国が追加配布!【厚生労働省最新情報】

新型コロナウイルスの感染対策として、介護施設・介護事業所に布マスクの配布を再度実施することが決定したと、厚生労働省から通達がありました。

申請した介護施設・介護事業所には、100枚単位で施設ごとに必要枚数が配布されるとのことです。
利用者さんや職員の感染対策として、ぜひ活用してください。

●募集期間:2020年12月4日から
●申請方法:厚生労働省のホームページで申込書(Excel)をダウンロード → 専用メールアドレスまでメールで送付
●配布対象:介護施設、障害者施設、児童福祉施設、福祉事務所等
※訪問・通所系サービスの利用者分については、ケアマネジャー・地域包括支援センターからの申請となります。

参考:厚生労働省「介護施設等への布製マスクの配布希望の申出について」

布マスクは本当に効果があるの?

新型コロナウイルスの流行とともに、さまざまな素材や形態のマスクを見かけることが多くなりました。

不織布性マスクと布マスクで、効果に違いはあるのでしょうか?

新型コロナウイルスとマネキンを用いた実験によると、不織布性マスクと布マスクのどちらも、飛沫からウイルスを吸い込む量・自分の息からウイルスを外に出してしまう量のいずれも減らすことができるという結果が出たということです。

飛沫による感染は、マスクをすることで防げそうですね。

詳しくはこちら>新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証


マスクをすることが、自分や周りの人を感染症から守る有効な手段の1つです。

人と会うときにはマスク、食事の前や帰宅時には手洗い・うがいを徹底して、新型コロナやインフルエンザの感染拡大を抑えたいですね。


部屋の換気も大切です

感染予防に効果的な手洗いの時間は何秒??

物に付着したウイルスの除去・消毒に!

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事