> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 食料備蓄は?避難経路は?「今できる防災対策」:防災とボランティアの日に再確認を

要注目!介護の最新事情

食料備蓄は?避難経路は?「今できる防災対策」:防災とボランティアの日に再確認を

2021年1月18日

食料備蓄は?避難経路は?「今できる防災対策」:防災とボランティアの日に再確認を

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。
その後、防災活動の認識を深め、備えを強化する意識を付けるため、毎年1月17日が「防災とボランティアの日」に制定されました。

今日は、これまでに介護求人ナビで取り上げてきた防災・災害に関する情報をまとめてお送りします。

災害に備えて、会社や事業所でできること、介護施設でできること、個人でできることを再確認しておきましょう。

災害時のための食料品備蓄の目安は?

災害時には、自宅や勤務先など
地震や台風などで、自宅や勤務先から外に出られなくこともあるかもしれません。

災害時に備えた食料品の備蓄は、最低3日分・できれば1週間分を用意しておくことが、農林水産省から案内されています。

必要な食料品の備蓄について詳しくはこちら
非常食・消毒液の備蓄はOK?食料品備蓄の見直しを!

地震・台風・洪水が起こったら?を想像しておく

日本では、毎年、豪雨や洪水など水害にあうケースが少なくありません。

「いつか災害が起こる」ではなく、「明日災害が起こるかもしれない」と考えることが重要です。

自然災害が起こった場合に備えて、避難マニュアルや避難経路を具体的に作成しておきましょう。

介護施設での対策について詳しくはこちら
豪雨・台風災害時に、高齢者を守れる介護施設/守れない介護施設の違いは?

1人1人ができる災害に備えた訓練方法とは?

いざという時に、すばやく行動するためには、日頃から訓練が必要です。

そうは言っても、具体的に何をしたらいかわからない…という人もいますよね。

今日は、仕事中・休憩中・通勤中・帰宅後に、「今ここで地震が起こったらどこに避難する?」を意識して行動してみませんか?

大切なのは、実際に行動を確認すること。

普段の生活の中で、『もしもの時にどうやって身を守るか』を、実際に体を動かして考えてみましょう。

1人1人ができる避難訓練について詳しくはこちら
生活の場で避難訓練!「シェイクアウト訓練」とは?

防災のプロが教える「防災の実践力」

介護現場で働く介護士さんのための「リアル防災ワークショップ」。

地震学・災害医療・災害介護・防災介護のプロが教える介護現場での災害対策のセミナーレポートをご紹介!

介護現場の課題を知って、未来の備えをしておきましょう。

>プロが教える「防災の実践力」
災害時に、自信を持って行動するために!~「介護×防災セミナー」レポート~
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 要注目!介護の最新事情 > 食料備蓄は?避難経路は?「今できる防災対策」:防災とボランティアの日に再確認を