> 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 介護業界ニュース > 日本介護食品協議会 UDFに新規格:アイス・煎餅など対象

介護業界ニュース

日本介護食品協議会 UDFに新規格:アイス・煎餅など対象

2021年1月20日

日本介護食品協議会 UDFに新規格:アイス・煎餅など対象

 日本介護食品協議会(森佳光会長、加盟88社)は昨年11月、温度や水分量で物性が変化しやすい商品向けの新たなユニバーサルデザインフード(UDF)の規格を策定、運用を開始した。

 UDFはレトルトや冷凍食品などの調理加工食品を①容易にかめる②歯ぐきでつぶせる③舌でつぶせる④かまなくてよい――の4区分、または「とろみ調整食品」に分類するもの。12月現在で2000点以上が登録され、2019年度の生産額は430億円にのぼる。

 新規格は温度や水分量などの環境を限定した上で、4区分のいずれかに適合するもの。アイスクリームの場合、「冷凍(マイナス5度)で『容易にかめる』に相当」や「常温(20度)でも溶けず『かまなくてよい』に相当する」などが考えられる。

 登録商品のパッケージにはUDFマークと共に、これら注意事項の明記が必須。「主食やおかずと同じように、デザートやおやつも安心して食べられるようUDFのバリエーションを広げていく」と同協議会事務局の藤崎亨氏は述べる。

 1月27~29日のメディケアフーズ展ではUDF商品の展示、活用レシピの調理実演を予定。協賛セミナーでは「介護用加工食品(UDF等)を活用した嚥下調整食作成と取組」(27日13時~)と題し、老健の管理栄養士がUDF等の具体的な活用方法を紹介する。

 問合せは同協議会まで。

<シルバー産業新聞 1月10日号>

市販の高齢者向け食品、固さはどれくらい?「学会分類」「UDF」「スマイルケア食」の基準と上手な使い方

 
 

注目ニュース

新型コロナ 布マスク・サージカルマスクに効果あり!ウイルス実験で検証

給付金15万円を追加?新型コロナ経済対策『要望書』、実際の内容は?

介護施設で新型コロナ。その時どうする?~医師が見た介護現場クラスターの現実~

認知症高齢者の預金「家族が引き出し」可能に これまでと何がどう変わる?

新型コロナ「休業支援金・給付金」期間延長が決定!2021年2月までの休業分を支給

 
 

介護業界最新ニュース

後期高齢者の医療費2割負担 年収200万円以上対象に

無資格の介護職に認知症研修を義務化 正式決定 介護のルール見直しへ

全サービスで感染対策やBCP義務化【これからの介護保険221】

特定処遇改善加算、配分ルール緩和へ

日福協 「福祉用具継続利用で改善率高い」 調査再分析で判明

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護トピックス > 介護業界ニュース > 日本介護食品協議会 UDFに新規格:アイス・煎餅など対象