メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

介護に転職で「20万円」 就職支援の新しい制度がスタートします

介護に転職で20万円!「就職支援」の新しい制度がスタートします

介護士への転職で「就職支援金」がもらえる!
来年度、介護への転職支援の新しい制度がスタートします。

介護への転職でもらえる「就職支援金」がスタート

厚生労働省では来年度、介護業界へ転職した人に「就職支援金」を支給する制度を、新たに創設すると発表されました。

指定の研修を受けて介護士として転職すると、「就職支援金」として1人20万円を支給。返済が必要な貸付金ですが、2年間介護士として働けば、返済は全額免除になります。

条件となる研修は、ハローワークなど公共職業訓練が開催する介護職員初任者研修や介護福祉実務者研修。しかもこの研修も無料で受けられます。

「介護職員初任者研修」は、介護の基礎を知ることができる基本の研修。年齢や経歴に関係なく誰でも受けられる研修です。
介護職員初任者研修の修了者は、資格手当がついて無資格よりも給与が高い事業所もあります。

新しい仕事・福祉の仕事にチャレンジしたいという人は、この制度をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

転職のこんな不安も解消

来年度の新しい就職支援制度では、職場見学や職場体験を実施する介護施設・介護事業所への「訓練委託費等」の支給を増額することも検討されています。

転職活動中の人に、実際に働く現場の様子を事前に知りたいという人は多いですよね。

会社や仕事の様子を知りミスマッチを減らすためにも、職場見学や職場体験を実施する会社が増えて欲しいですね。

 
 

 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー