介護職・ヘルパー
レクリエーション

2021年02月03日

「立春大吉」御札で開運!家の中でできる厄除けで運気アップ

「立春大吉」御札で開運!家の中でできる厄除けで運気アップ

春のはじまりである「立春」。
2022年は2月4日が立春。暦の上では、立春の日から春が始まります。

新しい季節の始まりに、縁起のいい風習を取り入れて、気持ちを上げていきませんか?

「立春」とは?

立春とは、古い日本の暦『二十四節気』で、春の始まりを指す日。

昔は、この「立春」の日を新しい1年のスタートとしていました。

実際の気温はまだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春が始まっているんです。

「立春大吉」で魔除け・厄除けって知ってた?

「立春大吉」で魔除け・厄除け
「立春の日に『立春大吉』と書いた紙を玄関に貼る」という厄除けのおまじないを聞いたことはありませんか?

元々、禅寺で、新しい年の始まりの日に、1年の厄除けの願いを込めて「立春大吉」の御札を貼ったことから、おまじないとして広まったといわれています。

「立春大吉」の文字は、すべて左右対称。縦に書くと、紙の裏から見ても同じように「立春大吉」と読めますよね。

門や玄関に「立春大吉」と書かれた御札を貼っておくと、家の外から見ても中から見ても、見える文字は「立春大吉」。

万が一、悪い鬼が家に入ってきても、外から見えていた立春大吉と同じ文字が読めて、「まだ家の外だったのか」と勘違いして、外に出て行ってしまうという言い伝えから、「立春大吉」の文字が厄除けとして使われるようになったと言われています。

鬼を退治するのではなく、勘違いさせて出て行ってもらう。なんだか面白い風習ですね。

「立春大吉」の御札は、頒布している神社やお寺もありますが、自分で作ることもできます。
真っ白な紙と筆ペンを用意して、無病息災・開運厄除けを願いながら、心を込めて縦書きで「立春大吉」と書きましょう。

これから先、良い年になりますように…

緊急事態宣言や医療のひっ迫など、ウイルスとの闘いから始まった2021年。
これから始まる年が良い年になるように、今年は立春の伝統行事で願いを込めてみてはいかがですか。


 

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る