メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

「医療費控除」は病院の領収書がなくても申請できる?

「医療費控除」は病院の領収書がなくても申請できる?

医療費控除で節税したい!でも、領収書を紛失した……

払い過ぎた税金が戻ってくる「医療費控除」。
いざ申請しよう、と思ったときに、1年間の領収書をどこに保管していたか忘れた!ということもありますよね。

病院などの領収書がないと、医療費控除は申請できないのでしょうか?

健康保険の「医療費通知」があればOK!

医療費控除を申請するには『医療費控除の明細書』に記入し、提出する必要があります。
1年間の「医療を受けた人」「支払先(病院などの名前)」「金額」がわかれば、領収書がなくても大丈夫!

また、健康保険組合から送られてくる『医療費のお知らせ』などの通知書類があれば、『医療費のお知らせ』だけで申請ができます。

なお、医療費控除を申請するには、必ず『医療費控除の明細書』の提出が必要です。
『医療費控除の明細書』は、国税庁ホームページからダウンロードもしくは税務署に取りに行って入手しましょう。

医療費控除で、いくら戻ってくる?

医療費控除では、保険を使わずに支払った医療費のうち、「10万円を超えた分」が戻ってきます。

医療費控除で戻ってくる金額=支払った医療費-保険で補填される金額-10万円

家族の医療費を合算できるので、ぜひ活用してみてください。

医療費控除の対象項目や期限などについては、こちらの記事で解説しています。

 
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー