メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

【2021年3月最新】新型コロナ「休業支援金」申請は5月まで延長!

【2021年3月最新】新型コロナ「休業給付金」申請は5月まで延長!

新型コロナの影響を受けた労働者のための「休業支援金・給付金」。
申請の期限が今年5月まで延長になったことが、厚生労働省から発表されました!
仕事が減った・勤務時間が短くなったという方は、ぜひ活用してみてください。

新型コロナ「休業給付金・給付金」とは

新型コロナの「休業支援金・給付金」は、休業だけでなく、シフト・勤務日が減ったり勤務時間が短くなったりした場合も、支給される給付金です。

支給対象となる期間は【2020年4月1日~2021年4月30日】
この間に休業になり給料が減った人に給付金として支給されます。

「新型コロナの影響で勤務予定が休みになった」「時短営業で勤務時間が短くなった」という方も対象です。

新型コロナ「休業給付金」申請期限が延長に!

今年の3月末となっていた「休業支援金・給付金」の申請期限が、5月末まで延長になりました。

休業期間と申請期限の一覧は次の通りです。

【中小企業で働く人】
・休業期間 2020年4月~9月※ ⇒ 申請期限 2021年5月31日
・休業期間 202010月~12月 ⇒ 申請期限 2021年5月31日
・休業期間 2021年1月~4月 ⇒ 申請期限 2021年7月31日

(※シフト制、日々雇用、登録型派遣などの方)

【大企業で働く人】
・休業期間 2020年4月~2021年4月※ ⇒ 申請期限 2021年7月31日
(※シフト制、日々雇用、登録型派遣などの方)

私も申請できる?「休業支援金・給付金」の疑問

Q.複数の事業所で働いている場合は、すべての仕事で申請できますか?
A.申請できます。ただし、すべての事業所分をまとめて申請しなくてはいけません。

Q.休業になったあと退職していますが、対象になりますか?
A.退職前の休業期間について、申請が可能です。

Q.派遣スタッフも対象になりますか?
A.派遣スタッフも対象になります。

最新の情報や必要な書類などは、厚生労働省のホームページを確認するようにしてください。
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー