メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

東京都で「休業命令」!休業・時短に応じなかったら…?

東京都で「休業命令」!休業・時短に応じなかったら…?

緊急事態宣言中の東京で、休業要請・時短要請に従わなかった飲食店等に対して東京都が「休業命令」を出したことが明らかになりました。

3回目の緊急事態宣言で初めての「休業要請」

5月17日、休業要請・酒類の提供の停止要請に従わなかったとして、33施設に休業命令を出したと東京都が発表しました。

休業命令が出されたのはどこ?

消費者としては、どこの店が休業命令になったのかが気になりますよね。

ですが、休業命令が出された店等は、公表されていません。

酒類の提供を継続していることが休業命令の理由であることから、飲食店だと考えられます。今回の東京都の対応で、施設の使用停止(休業)が命令されますが、酒類の提供をやめた場合は20時までの時短営業命令となるとのことです。

【東京都の休業命令までの経緯】
4月28日 94施設に休業・時短要請(特措法第45条第2項)
5月12日 37施設に休業・時短要請(特措法第45条第2項)
5月17日 27施設に休業・時短要請(特措法第45条第2項)
5月17日 33施設に休業命令(特措法第45条第3項)※要請に応じなかったため

 

休業命令に従わなかったら?

休業や時短営業の要請・命令については、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)により定められています。

緊急事態宣言中の休業・時短営業の「命令」に従わなかった場合、30万円以下の過料を科すことができるようになります。

緊急事態宣言はいつまで続くの?

4月から始まった3回目の緊急事態宣言。
5月18日現在、9つの都道府県に緊急事態宣言が出されています。

法律上、緊急事態宣言の期間は2年まで。
期間延長は最大1年とされています。

全国的に新型コロナウイルスの感染は増加し、地域によって医療機関の疲弊も続いています。
緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の対象地域も拡大。5月31日に宣言解除となるかどうか、今後政府が検討していくこととなります。

医療体制の整備と経済活動の回復、何より国民1人1人への適切な支援が実行されることを願います。

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー