メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

東京オリンピック 1964年と2021年を比べてみよう!

東京オリンピック 1964年と2021年を比べてみよう!
2021年7月23日に、東京オリンピックが開幕しました。
東京で2回目のオリンピックです。

57年前に東京で開催されたオリンピックと、今回のオリンピックでは、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

参加した国・地域

1964年 93
2021年 206

開催期間

1964年 10月10日~24日
2021年 7月23日~8月8日

1964年東京オリンピックの開会式が実施された10月10日は、1966年から国民の祝日(体育の日)になりました。

ちなみに、体育の日は2020年より「スポーツの日」に名称が変更。
2021年は、東京オリンピックの開催に合わせて「スポーツの日」の日付が変更になりました

競技会場

1964年 34か所
2021年 41か所

1964年の東京オリンピックのために、当時いくつかの競技場が建設されました。
オリンピックの柔道競技のため1964年に建設された日本武道館は、2021年の東京オリンピックでも使用されています。

競技数

1964年 19
2021年 33

1964年東京オリンピックはどんな大会だった?

1964年に開催された東京オリンピックは、アジアで初めて開催された夏季オリンピックです。

実は1940年に東京でオリンピックが開催予定でしたが、戦争などの国際情勢により、返上となりました。東京が返上後、ロシアのヘルシンキで開催予定だったものの大会そのものが中止になっています。

1964年の東京オリンピックでは、案内表示や競技種目を絵で表す「ピクトグラム」が初めて採用されました。7月23日に行われた東京オリンピックの開会式でも、ピクトグラムが登場して話題になっています。

57年前の東京オリンピックの様子を、身近な高齢の方に聞いてみてはいかがでしょうか。
今年のオリンピックとの違いや昔の競技の様子、当時活躍していた選手のなどの話を聞いて盛り上がるのも楽しいですよ。

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー