メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

今年は見える?ペルセウス座流星群は8月12日ピークです!

今年は見える?ペルセウス座流星群は8月12日ピークです!

夏と言えば「ペルセウス流星群」!
実際に流れ星を見たことがなくても、名前は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

ペルセウス座流星群は実は意外と身近なところで流れ星を観測するチャンスなんです!
夏の夜に、外でゆったり星を眺めてみませんか?

ペルセウス流星群が見られるのはいつ?

2021年のペルセウス流星群のピーク(よく見られる時間帯)は、8月12日水曜日の22時頃。

12日の夜から13日の明け方にかけての時間帯が、最も流れ星が見られるチャンスがあります。

また、流れ星はピークの前後数日にも観測できるので、天気のいい日の夜に空を眺めてみましょう。

ペルセウス流星群はどこに見える?

ペルセウス座は、北東の空の低い位置に見られる星座です。Wの形をしたカシオペア座の近くにあります。

ペルセウス座流星群は、ペルセウス座の一角が中心(=放射点)になって流れ星が流れますが、ペルセウス座の近くだけでなく、空全体で流れ星が見られる可能性があります。

月明りや街の光が視界に入らないようにして、空全体をぼんやり眺めるように見るのがおすすめです。

新型コロナの自粛生活や暑くて昼間は出かけたくない日が続いていますが、夏の思い出作りに、夜空を眺めてみませんか?
 
 
 
老人ホームの介護士が赤面!利用者が流れ星に願ったのは……
老人ホームの介護士が赤面!利用者が流れ星に願ったのは……

マンガ本編はこちら

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー