メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

土曜配達がなくなる!10月からの「郵便」の変更点は?

土曜配達がなくなる!10月からの「郵便」の変更点は?

日本郵便から郵便配達についての変更が発表されたのが今年の4月。

10月からは「土曜日の配達の休止」などが予定されています。

転職活動中の応募書類の送付、業務上の書類の送付など、締切日が設定されている郵便物を送るときには注意が必要です!

2021年10月からの郵便変更点は?

■土曜・日曜・休日に配達がなくなるもの
土曜日や日曜日に配達がされなくなるのは、普通郵便(手紙・はがき)、ゆうメール、スマートレター、特定記録郵便です。

※ゆうメール…冊子やCDなどが送れるサービス。重さ1kgまで。内容物がわかる包装が必要。ポストに投函可。
※スマートレター…A5サイズ・厚さ2cmまで・重さ1kgまで、全国一律料金で送れるサービス。ポストに投函可。
※特定記録郵便…普通郵便やゆうメールを郵便局に差し出した記録が残るオプションサービス。配達状況をインターネットで確認できます。

■郵便物の配達日はどう変わる?
土曜日・日曜日の配達がなくなることで、これまでより郵便物を出してから届くまで1日程度多く日数がかかることになりそうです。

これまで翌日に届いていた地域は翌々日に。17時以降に投函して翌々日になっていた郵便物は、3日後に配達されることになります。

■土曜・日曜に出した手紙はいつ着く?
土曜日に出す場合、17時までに出した場合も17時以降に出した場合も、到着の目安は火曜日です。

日曜日に出す場合、17時までなら火曜日、17時以降なら水曜日が到着の目安です。

■速達料金が値下げに
2021年10月1日から、速達の料金が安くなります。

~2021年9月30日の速達料金
・250gまで 290円
・1kgまで 390円
・4kgまで 660円

2021年10月1日~の速達料金
・250gまで 260円
・1kgまで 350円
・4kgまで 600円

転職活動の履歴書や、資格試験・研修の申込書、業務上の提出書類などを郵便で送る場合、到着日が決められているケースもあります。これまでよりも日数に余裕を持って準備するようにしましょう。
 
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー