メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

宣言解除で介護施設のクラスター回避策「集中的検査」はどうなる?

宣言解除で介護施設のクラスター回避策「集中的検査」はどうなる?

緊急事態宣言中に、介護施設での新型コロナウイルス感染症のクラスター回避のため、国から要請されていた「集中的検査」。9月末で緊急事態宣言・まん延防止等重点措置は解除されましたが、その後、クラスター回避のための検査は実施されないのでしょうか?

厚生労働省から、10月以降の集中的検査の実施について事務連絡が出され、10月以降は集中的検査の実施計画や実施状況の報告は廃止とアナウンスされました。

感染拡大地域でのクラスター発生を予防するため、無症状陽性者の情報収集を目的に開始された集中的検査ですが、新規感染者の減少など徐々に感染拡大が落ち着いてきていることから、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の解除とともに、国を挙げての検査計画は一度中断という形です。

ただし、地域ごとの感染状況により、各自治体で集中的検査を実施することは可能とのこと。
介護施設での集中的検査は、引き続き行政検査の対象であり公費負担で実施されるということです。

(参考:厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部「高齢者施設等の従事者等に対する集中的実施計画の 10 月以降の実施方針について」令和3年10月1日事務連絡)

 
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー