介護職・ヘルパー
高齢者
医療費
確定申告
医療費控除

2021年11月15日

医療費控除に必要な書類は?

医療費控除に必要な書類は?

知らないと損するかもしれない「医療費控除」。
家族分の1年間の医療費の負担額が10万円を超えると、所得控除として戻ってくるお得な制度なので、ぜひ活用しましょう!

今回は、医療費控除の手続きに必要な書類をまとめました。
手続き期間が始まる前に準備することができる書類もあるので、ぜひ準備しておきましょう。

なお、2020年(令和2年)から、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、必要項目を入力するだけで医療費控除の申請ができるようになっています。2021年分の医療費控除は、2022年1月以降に手続きが可能になるので、準備しておきましょう。

医療費控除の申請に必要な書類一式

●確定申告書
国税庁のホームページからダウンロードができます。
収入が給与所得・公的年金・その他雑所得・配当所得・一時所得のみの人は「確定申告書A」を使用し、事業所得や不動産所得がある人は「確定申告書B」を使用します。

●源泉徴収票
「確定申告書」に1年間の所得を記入するために使用します。
医療費控除の申請で提出する必要はありません
通常、12月の給与明細と合わせて配布される会社が多いようです。

●医療費控除の明細書
国税庁のホームページからダウンロードができます。
治療を受けた人の氏名・支払先の名称・医療費の区分・支払った額・保険などで補填される金額を記入します。

●医療費の領収書
「医療費控除の明細書」に記入するために使用します。
申請のときに一緒に提出する必要はありません

●本人確認書類
「確定申告書」を提出するときに、提示または添付が必要です。
・マイナンバーカード
・マイナンバーが確認できる書類(通知カードまたは住民票)と身元確認書類(運転免許証など)

●印鑑
「確定申告書」に押印が必要です。

(参考)
国税庁「タックスアンサー(よくある税の質問) No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)
国税庁「令和2年分 確定申告書等作成コーナー

《医療費控除に関する情報はこちら》
医療費控除の準備をわかりやすく解説!期限はいつまで?対象は?
医療費控除に必要な書類は?
「医療費控除」は病院の領収書がなくても申請できる?
ネット購入した薬代を「セルフメディケーション税制」で申請したい!領収書はどうする?

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る