メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

コロナワクチン接種証明書アプリは何のために必要?

コロナワクチン接種証明書アプリは何のために必要?

2021年12月20日、デジタル庁より「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」がリリースされました。これまで自治体で発行されてきた紙の接種証明書と同様に、自分のスマートフォンで接種証明書を提示できるアプリです。

この「ワクチン接種証明書」、一体何のために使われるものなのでしょうか?
取得しないと不利、ということはあるのでしょうか?

「ワクチン接種証明書」は基本的に出入国のため

現在、新型コロナウイルス感染症の水際対策として、多くの国と地域で入国時の検査や証明書の提示、一定期間の隔離などの措置が取られています。

入国時に「新型コロナワクチン接種証明書」の提示が必要な国・地域があるので、外国への渡航を考えている方は、接種証明書の準備が必要になる場合があります

なお、76の国と地域で、接種証明書の提示について言及されていますが、対応については各国で異なり、「入国のために陰性証明書もしくは接種証明書が必要」「入国時の条件が緩和される」「入国後の隔離条件が緩和される」など、対応は各国で異なっています。

国外への移動を考えている方は、入国条件などを確認し、必要に応じてPCR検査の証明書やワクチン接種証明書を準備するようにしましょう。

日本国内だけで生活する人は、ワクチン接種証明書は不要?

厚生労働省による接種証明書の用途に「日本国内での行動制限の緩和措置が受けられる」とありますが、2021年12月時点で国による新型コロナ対策の行動規制は実施されておらず、接種証明書の提示を義務付けることも示唆されていません

ただ、入院患者への面会に接種証明書が必要など、地域や団体により対応が異なっているため、病院や介護施設、公共施設など十分な感染対策が必要な場所に出入りする方は、接種証明書が簡単に提示できる状態にしておくとよいでしょう。

その場合も、自治体から紙で発行されるワクチン接種証明書と、公式アプリによるワクチン接種証明書は、どちらも同じ内容です。
「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を利用するためには、対応するスマートフォンやマイナンバーカードが必要となります。紙もしくはアプリのどちらかで、自分の利用環境に適したものを使用するのが良いと思われます。
 
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー