株式会社Bay careの面接レポート。みんなが受けた面接で受けた印象を投稿

介護就職面接レポートTOP   介護求人検索

面接レポートTOP 管理職・管理職候補 > 給与の高さと年間休日134日は魅力でしたが

給与の高さと年間休日134日は魅力でしたが  [株式会社Bay care]
ぱしりねこ
カテゴリー: 管理職・管理職候補
2017年11月25日 02:05:37[記事No.417]ID:Wwuw7yt6
2 つ星評価: あまり良くない
これまで施設介護経験が多かったが、介護支援専門員の試験を受けたことをきっかけに、居宅の仕事に興味を持つようになった。1介護士として仕事をしていくよりも、事業所の収益にからむ管理者としての仕事をして、より大きな満足を得たいので、管理者に応募した。以前は、一般企業で販売・営業の仕事をしていたので、そうした経験を活かしたいと思う。
学生起業した若い社長と、管理者のそこそこ経験ありそうな女性の2名による、1時間弱の面接時間だった。転職回数が多いことを突っ込まれた。仕事上の対利用者さんとの失敗体験について聞かれ、答えると、そういう場面は訪問介護でもあるし、訪問介護は1対1であり、管理者は最後の砦になるので、うまく対応できなかった場合どうするのか、と突っ込まれ、答えに詰まった。小さな事業所なので、サ責以上は経験豊富で対応力がある人が欲しいようだ。職務経歴書の内容に沿って、管理者の女性から、突っ込まれまくるやや圧迫気味の質問が続いた。年休134日を謳っているが、管理者はあまり取れずに、部下のヘルパーさんが優先になるし、遅い時間の勤務もあるし、休日出勤もあるが大丈夫か、と確認された。最後にこちらから困難事例はどれくらいあるのか、と質問したが、ほとんどが困難事例だという答えが返ってきた。新しい事業所であるので、ケアマネからそういった案件しかもらえない、との事。管理者は、現場でヘルパー業務を1日3件〜5件位こなしながら、事務所でサ責業務も行うので、残業が多くなりがちだと言っていた。趣味のこともちょっと触れられたが、全般的に面接が盛り上がることもなく、社長も管理者も私も堅い表情と雰囲気のまま、終了した。
冒頭に2人とも名刺をきちんと渡してくれたのは、好印象だった。
小さな事業所なので、謳っている程実質年間休日は多くなく、少ない人数で多くの仕事をこなしている感じで残業も多そうな印象であった。給与は高かったが、訪問先も困難事例が多く、労働環境がよくないのではと感じた。現状、居宅介護支援事業所はないが、来年2月にはオープンさせるようだ。ホームページに書いてあった、ケアマネとヘルパーと利用者を結ぶマッチングシステムは顧客から評価が上がってきているのか質問したが、実際はまだ稼働していないようだ。そうなってしまうと、特に特徴のない小さな訪問介護事業所になってしまうので、2店舗目を出店すると言っていたが、長期的に見てなかなか厳しいのではないか、と感じた。学生起業された社長は、何のために起業されたのであろうか。現状、単なる特徴のない訪問介護事業所になっている。会社の理念が弱いと感じた。
小さな事業所なので、あまり教えている余裕はないと思うので、やはり訪問介護の経験者が望ましく、そつなく受け答え出来て、対応力がある人が求められていると感じた。私は管理者としては経験不足で、対応力が足りないと判断されたと思う。経験があって、小さな事業所で力を発揮したい人にはいいのではないかと思う。

記事を編集・削除する

記事No.
パスワード

コメントに返信をする

ニックネーム(全角20文字)
パスワード(半角英数6〜12文字)
性別
  • 男性
  • 女性
年齢
  • 10代
  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 70代以上
内容(1000文字以内,改行可)
このカテゴリの最新書き込みの通知を受け取る

就職・転職ノウハウ

介護転職 お役立ち情報 人気記事ランキング

面接レポートTOP 管理職・管理職候補 >