介護資格ナビTOP 資格ガイド スクール一覧 ランキング 利用方法 お問い合わせ
資格ガイド
介護の仕事をするには
介護・福祉・医療に携わる仕事をしたいと考えている方はまず、資格を取得することを考えましょう。
介護・福祉・医療業界は資格が多く、主なもので介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネジャー、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、医療事務などがあります。
介護の仕事に就くにあたって、資格が必要な職業も多数あります。介護・福祉・医療の業界はますます需要が高まり、資格取得者が有利になっていくことが考えられます。
まずはどの資格から取得すればいいの?
介護の資格でまず取得しておきたいのは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)です。
※ホームヘルパー2級は2013年4月からは130時間の講義・演習などからなる「介護職員初任者研修課程」に移行されました。
旧制度のホームヘルパー2級修了者は、2013年度以降は初任者研修の修了者と見なされ、引き続き働くことができます。
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格取得後は、実務者研修を修了することで、3年後に介護福祉士の受験資格を得ることができます。
さらに、介護福祉士の資格取得後は、5年後には介護支援専門員(ケアマネジャー)とステップアップしていくことができます。
※介護福祉士になるには、介護福祉士国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格には、(1)介護福祉士養成施設を卒業する(2)介護等の業務に3年以上従事している+実務者研修修了(3)福祉系高等学校を卒業する、のいずれかが必要です。
※介護支援専門員(ケアマネジャー)になるには、(1)医師、看護師、介護福祉士などの国家資格等に基づく業務経験が5年以上(2)生活相談員、支援相談員などとして、相談援助業務経験が5年以上、の2つの方法があります。2018年度より、介護の実務経験のみでは受験することができなくなりました。
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)
訪問介護において身体介護・家事援助ができる。取得後実務経験3年以上でサービス提供責任者もできる。
また、老人施設においても、身体介護ができる。
実務2年
実務3年
実務者研修
介護予防運動指導員
介護予防運動指導員は、適切なケアマネジメントや根拠のあるケアの提供をすることで、本人の意欲を引き出し主体的に取り組めるようにし、健康で生き生きとその人らしく自立した生活を支援するための介護予防を指導します。
介護福祉士
特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、その他の社会福祉施設などで、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことができます。
実務5年
介護支援専門員
実務研修
ケアマネジャー(介護支援専門員)
介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス法人との連絡、調整等を取りまとめる役割を担います。
資格試験の日程は?
資格には、検定試験のあるものや、講義を聞いて取得できるものなど様々あります。
検定試験などがある場合には、予め試験日を把握しておき、効率よく合格、資格取得ができるよう、準備しておきましょう!