広島市限定!資格で選べる求人特集

介護の仕事は、資格があると有利!

介護業界の仕事とは

介護業界では、無資格でも働くことができます。ですが、資格があると、選べる仕事の幅が広がり、資格手当等での給与アップも期待できます。
介護業界の代表的な資格は、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)、介護職員実務者研修(ホームヘルパー2級)、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)など。

他にも福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、などの専門的な資格があります。

資格をお持ちの方は、使わなければもったいない!是非、資格の種類で仕事を選んでみましょう。

働き方いろいろ! やる気次第でキャリアアップも可能

介護の主要な資格は、難易度が低めの資格をまず取得し、その経験を経てさらに上位の資格を取る、というステップアップ構造になっています。つまり、経験とともに上位の資格を取得し、その資格を活かした仕事に就くことで、キャリアアップや給与アップもできるのです。年齢や性別、学歴は関係 ありません。
介護の仕事は、雇用形態もさまざま。常勤の正社員や短時間のパート、夜勤専門、派遣、登録ヘルパーなど。実力の証である、「資格」を活用すること で、ライフスタイルに合わせた働き方を選びやすくなります。

具体的に見てみましょう

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格を活かして働く

介護職員初任者研修って、どんな資格?

在宅・施設を問わず、介護職として働く上で必要となる知識や技能の基本を身につけることができる資格です。2013年4月から「ホームヘルパー2級」が廃止となり、「介護職員初任者研修」に変わっています。主要な資格の中で、最も難易度が低く、実務経験がなくても受験可能。これから介護のお仕事をめざす方にピッタリです。

介護職員初任者研修の資格の取り方・内容

地方自治体や企業などが主催する養成講座を受講する必要があります。カリキュラムは全130時間。介護業務に必要な知識や技術、高齢者との接し方、認知症の理解などが講義+演習という形式で行われます。また全過程修了後には、研修の内容が正しく理解できているかを確認する筆記試験が実施されます。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格が活かせるのはこんなお仕事!

訪問介護員(ホームヘルパー)
高齢者の自宅に訪問し、排せつ・清拭・体位変換などの身体介護や、掃除・洗濯・買い物・料理などの生活援助を行います。
介護施設スタッフ
特別養護老人ホームや有料老人ホーム、デイサービスなどに勤務。施設に入所・利用する利用者にじっくり向き合って介護します。
病院の看護助手
患者さんの身の回りのお世話(入浴・排せつ介助など)や病床の整頓など、医療行為以外の看護業務をサポートします。

*上記以外にも、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の資格を活かせる仕事はさまざま。詳しくは、↓のボタンを押して、求人情報を見てみましょう。

求人情報を見る

介護福祉士の資格を活かして働く

介護福祉士って、どんな資格?

介護の資格の中では、唯一の国家資格です。介護に関する専門的な知識・技術の修得はもちろん、高齢者の理解を深め、一人ひとりに合った介護を行うスキルを身に付けます。そのために適切な判断力と行動力、コミュニケーション能力も求められます。介護福祉士の資格は、転職にも有利に働くでしょう。

介護福祉士の資格を取るためには?

受験資格は、福祉系の養成施設を卒業するか、3年以上の介護実務経験かつ実務者研修を修了すること。年1回行われる国家試験に合格すれば、この資格を取得できます。筆記試験と実技試験が行われ、合格率は50〜60%。筆記試験は、人間の尊厳と自立、介護技術、こころとからだのしくみなど。実技試験は、介護等に関する専門技能が問われます。
保有している資格や実務経験によっては、実技試験が免除になります。

※上記は2016年度(2017年1月実施)からの最新ルールです。

介護福祉士の資格が活かせるのはこんなお仕事!

サービス提供責任者
訪問介護において、利用者やその家族、ケアマネジャー、ヘルパーなどの架け橋となる存在。訪問介護計画書の作成や、計画がしっかり実施されるよう管理・調整などします。
フロアリーダー・ユニットリーダー
介護施設などで、数名〜十数名の介護スタッフの指導・育成・管理などを行います。通常の介護業務を行いつつ、チームワークへの配慮や施設長の補佐など、全体を見る重要な役割です。
養成講座の講師
養成講座で学んでいる受講生に、専門的な知識や介護技術をわかりやすく伝えます。これまでの介護経験も生かせるお仕事です。介護保険制度の改正などや、常に勉強する姿勢も必要です。

*上記以外にも、介護福祉士の資格を活かせる仕事はさまざま。詳しくは、↓のボタンを押して、求人情報を見てみましょう。

求人情報を見る

無資格でもはじめられるお仕事

資格なしで、まず始めてみる、というのも一つの方法

高齢化が進む中、介護のお仕事は豊富にあります。「未経験者歓迎」「無資格でもOK」という法人も少なくありません。身体に触れる介助は、有資格者でなければできませんが、掃除や洗濯、買い物、調理など身体介助以外のお仕事に就くことは可能。働きながら資格をとることもできます。
また、多くの法人が、職員の資格取得を支援しています。資格取得費用の一部を負担してもらえる場合もあるので、要チェックです。

採用担当者の声

(株)不二ビルサービス 佐藤治之様

資格が無くてもやる気次第でレベルアップできますよ!
介護のお仕事は、人の命を扱うお仕事ですので資格やスキルはある程度必要です。しかし一方で人と人とが直に触れ合うお仕事ですので、何よりも大切なのは目の前の利用者様を喜ばせたいという思いやりの心です。その想いがあれば、企業はあなたの為に研修制度や資格取得支援制度といった「道」を用意しますし、スキルアップすればさらにお仕事の幅が広まりますのでやりがいもより大きくなります。安心してチャレンジしてみてください。
求人情報を見る

他にもいろいろ!資格・スキルを活かせる「介護・医療・福祉のお仕事」

資格を活かしてあなたに合ったお仕事を見つけましょう!

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護が必要な方が適切な介護サービスを利用できるようにケアプランを作成。利用者やその家族の相談を受けたり、介護サービス法人などとの連絡・調整・取りまとめを行う専門職です。

看護師

医師の診察に基づき患者さんのお世話や診療の補助を行うお仕事。介護施設などには医師が常駐していないことが多く、看護師はとても重要な存在。注射や経管栄養の管理、たんの吸引、健康相談など医療面のケアを行います。

保健師

利用者の健康管理や施設全体の衛生管理など、利用者が安心して健康的に生活できるようにするのが主なお仕事。食事や生活指導を通じて病気を予防したり、健康に関するアドバイスをすることも重要な役割です。

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)

リハビリテーションの専門家。理学療法士は、起きる・立つ・歩くといった基本的な運動機能の回復をサポート。作業療法士は、手先を動かすレクリエーションなどで、日常生活に必要な機能の回復をサポートします。言語聴覚士は、聴く・話す・食べるなど、言葉や口腔に関連した機能の回復をサポートします。

社会福祉士・社会福祉主事任用

社会福祉分野全般の相談支援業務を行います。活躍の場も介護施設をはじめ障がい者施設、行政機関など幅広いことが特長です。また社会福祉士の資格は国家資格ですので、就職・転職の際にも有利に働きます。

栄養士・管理栄養士

施設などで利用者の状態を見極め、それに合わせた栄養指導・献立作成・調理・発注・帳票類の管理を行う食事や栄養の専門家。管理栄養士は栄養士の上位資格で、より専門的な栄養指導を行うことができます。

保育士・幼稚園教諭

小学校以前の子どもを預かるお仕事。保育士は、保護者に代わって生活の援助を行い、排せつや食事などの生活習慣が身につけられるようにすることが役割。一方、幼稚園教諭は学校の先生ですので、生活するうえでの知識などを教えるのが役割となります。

資格取得をお考えの方はコチラ!

介護・医療系の資格を取るなら介護資格ナビ

介護求人ナビTOP > 広島市限定!資格で選べる求人特集