みんなが「介護の仕事」を選ぶ理由は?〜介護業界チャンスの理由19 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護業界 チャンスの理由 > みんなが「介護の仕事」を選ぶ理由は?〜介護業界チャンスの理由19

介護業界 チャンスの理由

みんなが「介護の仕事」を選ぶ理由は?〜介護業界チャンスの理由19

2019年3月9日

image1介護業界の給与や労働時間、人手不足の現状などをご紹介してきた「介護業界 チャンスの理由」
では、今、実際に介護の仕事に携わっている人たちは、どんな思いでその仕事をしているのでしょうか。

自分の気持ちはよくわかっていても、職場の他の人がどう考えているのかは、話す機会がなくて…という人も多いかもしれません。
また、介護業界にこれから飛び込もう、という人はなおさらよくわからないはず。

今回は、「介護の仕事を選んだ理由」そして、「今の職場を選んだ理由」を、ふたつの調査からご紹介します。

 

働きがい、社会的ニーズ…意欲的に働く介護職の先輩たち

まずは、「なぜ介護の仕事を選んだのか」の調査をみてみましょう。
介護業界で働く、訪問介護員やサービス提供責任者、介護職員や介護支援専門員(ケアマネジャー)などに質問した結果を示しています。

介護業界の仕事を選んだ理由

image3

*(公財)介護労働安定センター 平成26年度介護労働実態調査「介護労働の現状について」(クリックで拡大)

 

image2最も多かった回答は「働きがいのある仕事だと思ったから」(52.6%)でした。

介護の仕事をする人たちは、何よりも “この仕事自体にやりがいを感じている” ということですね。

「今後もニーズが高まる仕事だから」(35.3%)という回答や「人や社会の役に立ちたいから」(32.0%)という回答も上位にありました。
介護の仕事が社会にどれだけ必要とされているかを意識している人が多いことが分かります。

 

職場選びのポイントは、仕事内容と続けやすい環境

次に、「今の職場を選んだ理由」を調査した結果をご紹介します。このグラフは、「介護福祉士」に質問した結果です。

現在の職場を選択した理由(介護福祉士) *複数回答

image41

*社会福祉振興・試験センター「平成24年度社会福祉士・介護福祉士就労状況調査」 (クリックで拡大)

 

最も多かったのは「やりたい職種・仕事内容」の39.7%。「能力や仕事が活かせる」という回答も多く(34.2%)、自分がしたい仕事やできる仕事のイメージ、つまりやりがいを考えて、現在の職場を選択していることが分かります。
二番目に多かったのは「通勤が便利」(38.1%)で、この回答は特に、女性に多く見られました。女性の場合は「労働時間、休日、勤務体制が希望に沿う」を選んだ割合も多く、職場を選ぶ上で、働きやすく続けやすいかどうかを重視する傾向がみられます。

介護職やヘルパー、と一言で言ってしまうと、同じ仕事に見えるかもしれませんが、実際には、“老人ホーム”なのか、“訪問介護”なのか、“デイサービス”なのかで仕事内容は大きく異なります。また、事業者(法人)の考え方によっても変わります。
仕事内容は、やりがいに直接関わってくる部分ですから、しっかり見極めたい点ですね。

 

上記、どちらのデータでも「やりがい」を重視して、介護の仕事に誇りを持って意欲的に仕事に取り組もうとしていることがよく分かりますね。

この連載の1回目でもお伝えしましたが、介護は、面と向かって心からの「ありがとう」を言ってもらえる仕事であり、人間の暮らしや命に深く関わっていく仕事です。
大変な仕事ですが、だからこそ、ここまでやりがいのある仕事はなかなかない、と言えるでしょう。

介護は、これからの社会でとても必要とされる仕事です。これまで「介護業界チャンスの理由」で見てきたように、介護職員の待遇改善なども進んでいます。介護の仕事を一生の仕事にしたい人、介護の現場をより良くしていきたい人にとって、今はまさに介護の仕事を始めるチャンスと言えるかもしれません。

次回はいよいよ、この連載の最終回です。今までにご紹介してきた介護業界の基礎知識を総ざらいしましょう。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 介護業界 チャンスの理由 > みんなが「介護の仕事」を選ぶ理由は?〜介護業界チャンスの理由19