白内障~介護の専門用語集 | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > 白内障~介護の専門用語集

医療・健康に関する用語

白内障~介護の専門用語集

2017年7月26日

白内障は水晶体が濁ってしまう病気である。
目にはレンズの役目を果たしている水晶体という組織がある。その水晶体は、本来は透明だが、水晶体の中にあるたんぱく質が、加齢などによって変性すると、水晶体に濁りが生じる。すると、視界がぼやける、視力が低下する、明るいところで見えにくくなる、などの障害が表れる。
これを白内障という。主に老化が原因になることから、高齢者には一般的な目の疾患といわれている。

治療法は、初期においては点眼などの投薬によって進行を止める処置をとることが多いが、進行した場合は手術がすすめられる。濁りの生じた水晶体を取り出し、代わりに人工の水晶体を挿入することによって、視力の回復を図ることができる。

例「目がかすむ、ダブってみえるなどの症状が出てきたら、白内障を疑ってみるといい」

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

関連する記事

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  介護の基礎知識 > 医療・健康に関する用語 > 白内障~介護の専門用語集