メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

残存機能

読み:ざんぞんきのう

残存機能とは?

障害などのある人の残された機能のこと。
残存機能で発揮することができる能力のことを、「残存能力」という。

認知症の人に対して使う場合もある。

ただし、「残存」とい言い方が不適切だとも言われる。

「病気によって機能や能力の多くが失われ、わずかに残った機能、能力」ととらえるのは、その人の尊厳を傷つけるため、「その人が今持っている力」「その人が有している力」というフラットな言い方、考え方をする必要がある。

 
 
■介護現場の用語・略語 解説一覧

圧迫骨折 安否確認
移乗 胃ろう
エアマット 嚥下障害
回想法 機械浴
きざみ食 禁忌
ケアカンファレンス 見当識障害
拘縮 拘束
誤嚥 座位
サルコペニア 残存機能
端座位 長座位

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー