メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

せん妄

読み:せんもう

せん妄とは?

もともとある病気や薬の影響など、何らかの理由で、一時的に意識障害や認知機能の低下が起こる状態。

話を集中して聞くことができなくなるなど、物事に持続して注意をすることができなったり、日時や自分のいる場所がわからなくなったり、妄想や幻覚などが起きたりする。

数時間から数週間の一過性のもので、日内変動もある。

原因はさまざまで、脳卒中、認知症、パーキンソン病、がん、インフルエンザなどの疾患が原因となるもの、薬の副作用によるもの、手術や入院中、外からの情報が遮断され、夜間は機械音が響いて不眠となりやすい環境のICU(集中治療室)や、手術で使用する酸素や鎮静剤の影響、ストレスなどで起こる場合もある。

高齢者では、特に脱水や尿路感染症、便秘、ストレス、合わないメガネや補聴器の使用などによりせん妄は起こりやすくなる。予後が悪く、死を早めることもあるので注意が必要である。
 
 
■介護現場の用語・略語 解説一覧

圧迫骨折 安否確認
移乗 胃ろう
エアマット 嚥下障害
回想法 機械浴
きざみ食 禁忌
ケアカンファレンス 見当識障害
拘縮 拘束
誤嚥 座位
サルコペニア 残存機能
サービス担当者会議 失行
失認 シャワー浴
周辺症状 褥瘡
清拭 整容
セカンドオピニオン せん妄
端座位 長座位

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー