思わず苦笑?!介護施設の求人広告にあった正直すぎるキャッチコピー | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 思わず苦笑?!介護施設の求人広告にあった正直すぎるキャッチコピー

業界裏話 転職の実情

思わず苦笑?!介護施設の求人広告にあった正直すぎるキャッチコピー

2018年4月9日

毎回、介護にまつわる問題点やちょっと困った介護スタッフの珍行動、介護現場での珍事件などを紹介するこのコーナー。
今週は、「正直すぎる求人広告のキャッチコピー」という話題について紹介します。

 

介護施設の求人広告で見つけたさまざまな売り文句

仕事を選ぶ際、どんな業界を選ぶか、どんな会社を選ぶかの理由は人によってさまざま。
会社を選ぶきっかけとしてオーソドックスなものの1つが、新聞やフリーペーパー、求人サイトなどの求人欄を見たというものだろう。

都内の訪問介護事業所で働くミキエさんは、自らもホームヘルパーとして働くかたわらで、求人や採用も担当している40代の女性。
求人広告に載せる文章のチェックも行っているため、一種の職業病で、他の介護事業所の求人広告には必ず目が行ってしまうという。ミキエさんがいう。

「ウチの会社では、求人広告に使う言葉にも細かい規定があって、あやふやな表現を使ってはいけないのですが、他社の広告を見ると、『上手いな~』と、唸らされることもしばしばです。

『あなたの力で、みんなを笑顔にしてみませんか?』とか、『“ありがとう”がやりがいのお仕事です』とか、『幸せがいっぱいの仕事です』といったフレーズを見たら、やってみようかなと思いますよね」

求人広告で使われる文言は、もちろんウソは許されないが、確かにこういったフレーズはウソとはいえない。
ただ、他の事業所と差別化を図ろうとしているのか、中には目を疑う言葉が書かれた求人広告もあるそうだ。

 

介護職の求人広告で一番大切なのは“給料の前払い”?!

「先日、新聞で見かけたのは『業務多忙、人手不足のため、とにかくやる気のあるスタッフを募集しています』と書かれた介護施設の求人広告でした。
そこには月給がバッチリ記されており、かなりの好条件。仕事がキツい分、お給料がいいのは確かでしょうが、内情を晒すのは勇気がいることです。
私はその正直さに好感を持ちましたが、引いてしまう人は多いでしょうね。

それから、どういう意図でこういう求人広告を出したんだろうと思うものもたくさんあります。
例えば、『心機一転、介護業界で頑張ってみませんか?』という広告を見たことがあります。
深く考えすぎなのかもしれませんが、転職の理由が“訳アリ”なのが前提みたいで、何となく引っかかりましたね。

『介護スタッフ総入れ替えのため……』というキャッチコピーも見たことがあります。
何があったか知りませんが、広告でわざわざアピールすることなんでしょうか。どう考えても普通じゃないですよね。

苦笑せざるを得なかったのは、色々なキャッチコピーが書かれている中で、一番目立つ部分に『給料の前払いも可能です!』と書いてあったものです。確かに“着の身着のまま”のような状況で面接を受けに来る方もいますけど……」

こういったキャッチコピーからは、少しでも良い人材が欲しい事業所側の必死さが伝わってくる。
しかし、ミキエさんによれば、広告の文言ひとつで応募者が激増したり、良い人材が突然集まったりすることはなく、「結局は条件がすべて」だそうだ。

求人広告を探すときには、目立つ文言だけでなく、きちんと条件を見て吟味することが大切なようだ。

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  ちょっとブレイク > 業界裏話 転職の実情 > 思わず苦笑?!介護施設の求人広告にあった正直すぎるキャッチコピー