介護職・ヘルパー
就職・転職ノウハウ
転職動向

2021年10月27日

介護職の転職におすすめな時期は?有利なタイミングの選び方!

介護職の転職におすすめな時期は?有利なタイミングの選び方!

転職を検討している人にとって、転職活動を始めるときに「いつ転職するべき?」と気になるもの。
転職に有利な時期・不利な時期はあるのでしょうか?
介護業界の転職市場のトレンドを抑えて、転職活動を成功させましょう!

転職市場は1月と10月が『繁忙期』

転職を検討中の人は、「どの時期に転職すると有利なのか」と気になるのではないでしょうか。まずは一般的な転職市場の傾向を確認しておきましょう。

求人数と求職者数は、毎年おおむね同じサイクルで推移します。具体的に見ていくと、次のような傾向がわかります。

求人数と求職者数の両方が増え、採用活動が活発な時期は、一般的に1月~3月10月あたり。いわゆる転職市場の繁忙期です。それに対し、閑散期と言われるのが、求人数も求職者数も落ち込む5月と12月です。

1月~3月と10月が繁忙期になる理由の1つは、夏と冬のボーナス支給後から期末や年度末にかけて退職・転職の行動を起こす人が多いこと。それに伴い、企業側は欠員補充が必要になり、積極的に求人を出すというわけです。

また10月は、下半期を迎えるタイミングで新規採用計画がスタートし、採用が活発になるためと考えられます。

一方、5月と12月に求人数が少ないのは、新卒採用の準備や年末で企業側が忙しく、中途採用に手が回りにくいという事情があるようです。また12月に求職者数が減少するのは、「ボーナス支給を待ってから」という意識が働くことや、慌ただしい年末は求職活動を避けようと考える人が多いことが理由でしょう。

転職市場は1月と10月が『繁忙期』

介護職・ヘルパーの求人が多いのはいつ?

介護業界では、求人が多い時期・少ない時期があるのでしょうか?

2055年には75歳以上の高齢者が全人口の25%を超えるとされ、介護サービスへの期待は益々大きくなっています。介護業界へ新規参入する企業も多く、新規の事業所や施設の開設が活発です。

介護業界では、オープニング施設の求人募集が年間を通して切れ目なく見つけることができる状態が続いています。その一方で、介護事業所の60%以上が、人材が足りていないと感じていて、介護サービスの担い手不足は業界全体の課題となっています。

人手不足を背景に、介護業界の転職市場には通年で多くの求人募集が出されています。介護職やヘルパーへの転職をめざす人にとっては、時期をあまり悩むことなく転職できるのがメリットです。

ただ、年間を通して採用活動が活発な介護業界でも、やはり採用活動のサイクルはあり、求人数が増える時期があります。

年間の新規求人数の推移を見ると、例年、求人数が最も増えるのが10月です。さらに1月も求人が増える時期になっています

この時期に求人が増えるのは、ボーナスが支給されたあとの退職者増加に合わせた人員補充などが考えられ、一般的な転職市場と同様の動きと言えます。ちなみに、2020年は新型コロナウイルスの拡大がありましたが、その中でもやはり例年同様10月に求人数が増えています。

また、新規求職者がもっとも増えるのは4月です。求職者数は12月がもっとも少なく、その後、1月~4月に求職者が増加します。年度末を区切りに、新しい職場への転職を考える人が多いことが読み取れます。

介護職・ヘルパーの求人が多いのはいつ?

介護職・ヘルパーの転職におすすめの時期は?

介護職・ヘルパーの転職におすすめの時期は?
介護業界では年間を通して求人が多く、いつでも転職可能と言えそうですが、その中でも転職に有利になりそうな時期について考えてみましょう。

①求人募集がもっとも多い10月
なるべく多くの転職先の中から自分にマッチした職場を探したいと思うなら、やはり求人数が多い時期を狙うのがベスト。ふだんは募集を出さない施設や事業所の求人を見つけるチャンスでもあります。そう考えると、転職先探しに有利な時期は10月です。

求人が多いため、施設の種類や職種も豊富な中からチョイスできますし、とくにパート勤務を希望している人は、働き方の条件に合った求人が見つけやすいでしょう。

10月が有利な理由はもう1つあります。求人数がぐんと増えるタイミングなのに対し、新規求職者の増加はさほど大きくないからです。ライバルがそれほど増えないなか、豊富な求人から選べるチャンスというわけです。

②新卒が入社する前の1月
1月も求人数が多いという点では転職に有利なタイミング。ボーナス支給後などの退職者が多く出るタイミングも、通年ではなかなか見かけない求人に巡り会うチャンスです。

ただ10月に比べ、1月は求職者数が多くなってくる点が不安材料です。冬のボーナス支給後、年明けのタイミングで転職活動を始める人が多いからです。2月は求人数が減少する傾向ですし、4月にかけてはライバルが増える時期ですから、1月を狙うのであれば、早めに活動をスタートする方が良いでしょう。

1~2月に転職を決めれば、4月に入社してくる新卒スタッフの育成時期に重ならないこともポイント。とくに未経験や経験が浅い人にとっては、落ち着いて仕事を教わり、慣れていくことができる良いタイミングでしょう。

まとめ

介護職・ヘルパーに有利な転職時期は、10月と1月がおすすめですが、本当にベストなタイミングは人それぞれです。

求人数が多い時期に無理に転職先を決めようとあせったり、準備が不十分なまま転職活動を進めてしまっては、かえって失敗の元です。

自分に都合のよい応募のタイミングと、求人が増えるタイミングの両方を確認したうえで転職活動をスタートさせましょう。

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る