メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

後期高齢者の医療費2割負担 年収200万円以上対象に

後期高齢者の医療費2割負担 年収200万円以上対象に

 政府は12月15日に全世代型社会保障検討会議(議長=菅義偉首相)の最終報告を閣議決定、75歳以上後期高齢者の医療費窓口負担について、年収200万円以上を対象に1割から2割へ引き上げることとした。

 医療費の窓口負担割合は原則、70歳未満が3割、70~74歳が2割、75歳以上が1割。ただし70歳以上でも収入383万円以上(夫婦2人世帯で合計520万円以上)の場合は「現役並み所得者」として3割負担となる。

 最終報告では「団塊の世代が75歳以上の高齢者となり始める中、現役世代の負担上昇を抑えることは待ったなしの課題」とし、後期高齢者へ所得に応じた負担を求めた。

 2割負担の対象となるのは「課税所得28万円以上」かつ「年収200万円以上」(複数世帯の場合、後期高齢者の年収合計320万円以上)。後期高齢者の所得上位30%(現役並み所得者除くと23%)の約370万人が該当する。財政影響として、給付費ベースで2290億円の削減と試算される。

 施行時期は2022年10月~23年3月の間。1月召集の通常国会に関連法案を提出する。

 施行の際は長期・頻回の受診患者等への配慮措置として、1割から2割負担への影響が大きい外来患者について、施行後3年間はひと月分の負担増が3000円以内に収まるための措置を導入することも明記された。

<シルバー産業新聞 1月10日号>
 
 

 
 

 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー