メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

いざという時のためにやっておくこと:夏の防災対策ここに注意!

いざという時のためにやっておくこと:夏の防災対策ここに注意!

日々の生活で避けては通れない自然災害。
いざという時に迷うことがないように、避難や備蓄についておさらいしておきましょう。

避難する場所はどこでもいいの?どうやって探したらいい?など、素朴な疑問を解決していきます。
台風や豪雨が増える8月は、災害時の熱中症対策も重要です。

緊急時にどこに行く?避難場所を確認しよう

台風、豪雨、地震など、自然災害が発生し、自宅での生活が危険であるときには、避難指示等が発令されます。

避難指示等が出された際には、「指定緊急避難場所」に避難することになります。

「指定緊急避難場所」とは
災害から命を守るために、緊急的に避難する施設または場所。
洪水や土砂災害、高潮など災害の種類ごとに市区町村で決められています。強固な建物や施設のほか、公園や広場などが指定されます。
緊急避難するための場所であるため、危険が去ったあとに自宅や避難所に移動する必要があります。

「指定避難所」とは
災害により自宅で生活できなくなった場合に、自宅の代わりに生活する場所です。

避難が必要なときに「どこに行けばいいの?」と迷わないように、あらかじめ避難場所や安全な場所を確認しておきましょう。

基本的に、自然災害から避難するときに決められた避難所に行かなくてはいけないというルールはありません。自分や家族の命を守ることを最優先しましょう。

自治体が確保している避難所の場所はホームページでも検索できるので、近くの避難所の場所を調べておくこともよいでしょう。

国土交通省国土地理院「指定緊急避難場所データ」

このほか、各都道府県では指定緊急避難場所と指定避難場所がホームページに掲載されています。自宅の近く・会社の近く・通勤途中(最寄り駅の近くなど)で自然災害が起こった場合の避難所を確認しておきましょう。

避難はいつから?緊急情報の警戒レベル

避難や安全確保の危険度を知らせる「警戒レベル」と「避難情報」。

「警戒レベル3で避難の準備、警戒レベル4で避難」と覚えておくとよいでしょう。

警戒レベル5:「緊急安全確保」
警戒レベル4:「避難指示」
警戒レベル3:「高齢者等避難」
警戒レベル2:「大雨・洪水・高潮注意報」
警戒レベル1:「早期注意情報」

「災害時の逃げ遅れ回避へ「避難指示」に統一(災害対策基本法改正)」

自宅待機で困らないよう準備しておくものは?

台風や豪雨が続き自宅から出られない、という場合の生活も考えておかなくてはいけません。

自宅で避難する際に必要な食料や飲料水と一緒に、「熱中症対策」と「感染症対策」に必要な物も備蓄しておくと、いざという時に安心です。

■自宅の備蓄品(最低3日分用意しましょう!)
《食料品など》
・飲料水:1人1日1リットル
・スポーツ飲料:大人1人あたり1日1.2リットル(熱中症対策)
・レトルトのご飯
・タンパク質を取るための、缶詰やレトルト食品など
・カセットコンロとボンベ

《生活用品》
・歯磨きセット
・入れ歯洗浄剤
・紙おむつ
・生理用品
・持病の薬
など

《熱中症対策》
・クーラーボックス
・保冷剤(熱中症対策)
・冷却タオルなど体を冷やせるもの(熱中症対策)
・サーキュレーターやハンディファン(熱中症対策)

《感染症対策》
・マスク
・手指消毒用アルコール
・石けん・ハンドソープ
・ウェットティッシュ

自然災害は起こらないに越したことはないですが、万が一の場合に備えて、今のうちにできる準備をしておきましょう。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー