メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

今後に期待!9月1日発足「デジタル庁」って何をするところ?

今後に期待!9月1日発足「デジタル庁」って何をするところ?

2021年9月1日、新しい省庁「デジタル庁」が発足しました。
内閣府や他の11省庁には属さない庁として、中央省庁を横断したデジタル改革が期待されています。

デジタル庁って何をするところ?

デジタル庁は、日本全体のデジタル化を目指し、設立されました。

公式サイトで掲げられているミッションは「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化を。」

デジタル社会に必要な機能を整備し、一般に普及することがデジタル庁の取り組みとなっています。

具体的には、マイナンバー制度の整備や国の情報システムの統括、行政からの情報が国民一人ひとりにきちんと届くような情報発信などもデジタル庁の政策として挙げられています。

行政手続きの簡略化や、ウェブサイトの見やすさや政府・各省庁の情報発信の改善、子育てや介護に関するオンライン申請の整備なども期待されています。

本当に活用できる「デジタル化」への第一歩?

介護業界でも、データベース「LIFE」の発足や、介護記録システムやクラウドサービスの活用など、ICT化が進められています。

介護業界「LIFE」に関するニュースはこちら

マイナンバー制度の整備が進めば、引越しなどの行政手続きは簡略化され、医療サービス・介護サービスの利用時にも、自分自身に関するこれまでのデータを一元管理できるようになるかもしれないですね。

国が提供している支援金や助成金などセーフティネットとなる様々な支援策も、必要としている人にきちんと届かなければ活用しようがありません。

デジタル庁が政策に掲げる「国民目線のUI・UXの改善と国民向けサービスの実現」のため、国民の声をしっかり反映させて、使いやすくわかりやすい情報発信へと進化するように期待したいです。

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー