メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

小学校休業等対応助成金と支援金、今年も実施へ!8月以降の休校・個人申請も

コロナ休校時の保護者支援金が再開へ 8月以降が対象で個人申請も

◆2021年度の小学校休業等対応助成金・支援金について最新情報はこちら(2021年10月1日)
小学校休業等対応助成金・支援金が再開!申請がスタートしました

 
2020年に新型コロナウイルス対策で実施された「小学校休業等対応助成金」と「小学校休業等対応支援金」。
学校・保育園などが休校になった際に、仕事を休んだ保護者を支援するための制度です。

小学校休業等対応助成金ができた当初は、休暇を許可した企業への助成金支援でしたが、休暇を取った保護者本人が直接申請できるように変更され、話題になりました。

この「小学校休業等対応助成金」と「小学校休業等対応支援金」が復活するというお知らせが厚生労働省から出されました!

『コロナ休校』に助成金が復活!個人申請で受け取れる制度に期待

厚生労働省は、9月7日に「小学校休業等対応助成金」と「小学校休業等対応支援金」の再開を発表

子どもが休校等になり仕事を休むことになった保護者に対する支援金と、企業への助成金を、今年も再開する予定だということです。

対象は、2021年8月~12月の休校など。
夏休みの延期や分散登校などについても対象となる可能性があります。

2021年の「小学校休業等対応助成金」と「小学校休業等対応支援金」については、詳細が決定し次第、改めて発表があるとのことです。

勤務先の就業規則や特別休暇の有無に関わらず個人が申請できるなど、本当に必要としている人が使いやすい制度が整うことを期待します。

参考:厚生労働省「小学校休業等に伴う保護者の休暇取得支援について ~小学校休業等対応助成金・支援金を再開します~」
 
ちなみに、2020年に実施された助成金・支援金の概要は以下の通り。
「小学校休業等対応助成金」:保護者が働く勤務先への助成金。休校などで休暇を取った労働者がいた場合に申請可能。勤務先が申請を拒否した場合、個人でも申請できる。
「小学校休業等対応支援金」:フリーランスなど個人で仕事をしている保護者向けの支援金。

 
 
介護求人ナビでは未経験OKの仕事、シフト応相談の仕事など子育て中も働きやすいお仕事が探せます
 

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー