介護職・ヘルパー
高齢者
医療費
医療費控除
介護サービス費

2021年12月06日

医療費控除の申請はパソコン入力が便利です!《国税庁の特設ページがスタート》

医療費控除の申請はパソコン入力が便利です!《国税庁の特設ページがスタート》

今年1年の医療費負担が10万円を超えていれば、国から控除を受けて支払った費用が戻ってきます!しかも、生計を共にしている家族の医療費は、合算してOK。

国税庁の特設ページから、2021年分の申請準備ができるので、さっそく準備を始めましょう!

2021年(令和3年)確定申告特設ページがスタート

2021年12月1日、国税庁のホームページ内に「確定申告」の特設ページが開設されました。この特設ページからは、個人の確定申告だけでなく、医療費控除の申請も可能です。

申請は来年1月から開始される予定ですが、医療費を集計できるフォーマットがダウンロードできるようになっています。

明細書・領収書が必要な治療費のほか、通院に使用した交通費も合算できるので、忘れないうちに事前準備をしておきましょう!

参考:国税庁「令和3年分 確定申告特集(準備編)」

「医療費集計フォーム」で医療費の計算が簡単!

国税庁の「令和3年分 確定申告特集(準備編)」のページから、医療費控除の申請に必要な医療費の総額を簡単に集計できる「医療費集計フォーム」(Excel)が公開されています。
インターネットで接続すれば、誰でもダウンロード可能です。

●「医療府集計フォーム」を使った医療費の計算方法
国税庁の「令和3年分 確定申告特集(準備編)」にアクセスします。
国税庁の「令和3年分 確定申告特集(準備編)」にアクセス

「医療費控除を受ける方へ」をクリックします。
「医療費控除を受ける方へ」をクリック

「医療費集計フォームのダウンロードをする」をクリックします。
「医療費集計フォームのダウンロードをする」をクリック

医療費集計フォームのダウンロードページで「Excelダウンロード」をクリックすると、医療費集計フォーム(Excelデータ)がパソコンにダウンロードされます。
「Excelダウンロード」をクリック

医療費集計フォームには、「医療を受けた人」「病院・薬局などの名称」「医療費の区分」「支払った医療費の金額」「医療費のうち、保険で補填される金額」「支払年月日」が入力できます。
医療費集計フォーム
なお、「医療費の金額」と「保険で補填される金額」は、入力すると合計金額が自動で集計されるようになっています。
「医療費の金額」と「保険で補填される金額」

入力する際は、医療を受けた人でまとめるか、支払った病院・薬局などの名称でまとめます。

医療費控除の申請には交通費を合算することが可能です。交通費は「その他の医療費」で入力するようにしましょう。

マスクや消毒液は?医療費控除の対象になるもの・ならないもの

いざ医療費控除を申請しようと思っても、払った費用が医療費控除に該当するかどうか迷うこともありますよね。

医療費控除の対象となるのは、基本的に病気などの治療費とされています。
病気予防が目的の施術・医薬品などは対象とならないため、予防接種や健康診断の費用は対象となりません。

また、新型コロナ対策として購入することが増えたマスクや消毒液は、治療目的での使用ではないため、医療費控除の対象とはならないので注意が必要です。
《医療費控除に関する情報はこちら》
医療費控除の準備をわかりやすく解説!期限はいつまで?対象は?
医療費控除に必要な書類は?
「医療費控除」は病院の領収書がなくても申請できる?
ネット購入した薬代を「セルフメディケーション税制」で申請したい!領収書はどうする?

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事