資格
介護職・ヘルパー
介護福祉士
介護福祉士国家試験

2022年01月24日

介護福祉士試験 コロナ陽性者の特別対応は?

介護福祉士試験 コロナ陽性者の特別対応は?

新型コロナウイルスの感染者の増加に伴い、2022年に入ってからまん延防止等重点措置の対象となる都県が増えています。

今年1月30日に実施される第34回介護福祉士国家試験は、予定通り実施されることが社会福祉振興・試験センターより発表されました。

第34回(2022年1月)介護福祉士試験は予定通り実施

新型コロナウイルスの流行により、1月24日現在、16の都県にまん延防止等重点措置が発令されています

さまざまな資格試験やイベントなどの開催が危ぶまれていますが、介護福祉士国家試験は予定通り2022年1月30日(日)に実施されることが案内されました。

(参考:社会福祉振興・試験センター「社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士国家試験におけるまん延防止等重点措置にかかる対応について」2022年1月21日

新型コロナ陽性の場合の特別措置はある?

介護福祉士国家試験には、新型コロナ陽性の場合でも追試験や再試験といった特別措置はありません。
<介護福祉士国家試験を受験できない方>
●新型コロナウイルス感染症に罹患し、退院または宿泊療養等の解除が認められていない方
●保健所等から濃厚接触者に該当するとされ、健康観察や外出自粛等の解除が認められていない方
●海外から入国し、検疫所が指定した施設または自宅等での待機の解除が認められていない方
●試験当日、発熱(37.5度以上)や体調不良があるなど新型コロナウイルス感染症の感染の疑いがある方
(社会福祉振興・試験センター「社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士国家試験におけるまん延防止等重点措置にかかる対応について」より抜粋)

ただし、新型コロナウイルス感染が原因で介護福祉士国家試験を受験できなかった場合は、受験料を返還してもらうことができます

万が一の場合には、社会福祉振興・試験センターのホームページから「受験手数料返還申請書」をダウンロードし、診断書や検査結果などの確認書類を添付して、期限までに申請するようにしてください。

介護福祉士国家試験の受験会場での注意点は?

介護福祉士国家試験の試験当日、会場ではマスクの着用が求められています。
マスクを準備して試験に臨みましょう。

試験会場では、ティッシュやハンカチを机の上に置いておくこと、防寒用のひざ掛けを使用することが認められています。
感染症対策でこまめに換気をするケースが増えています。万全の体調で試験が受けられるよう、寒さ対策もしておくことをおすすめします。


 

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事

新着求人

一覧を見る