介護職・ヘルパー
高齢者
介護施設
補助金

2022年05月11日

エイジフレンドリー補助金の受付開始!60歳以上の従業員がいる会社は要チェックです

60歳以上の従業員がいれば補助金が申請できる!
中小企業向けの「エイジフレンドリー補助金」の2022年度(令和4年度)申請受付がスタートしました。

エイジフレンドリー補助金とは?

昨今、高齢になっても現役で働き続ける人が増えています。
高齢者が安心・安全に働けるように、中小企業が職場環境を整えるための資金援助として創設されたのが「エイジフレンドリー補助金」です。

具体的には、60歳以上の労働者を常時1名以上雇用している中小企業が対象。
中小企業の定義は、業種ごとに以下のようになっています。

小売業:労働者50人以下 もしくは 資本金等が5,000万円以下
サービス業:労働者100人以下 もしくは 資本金等が5,000万円以下
卸売業:労働者100人以下 もしくは 資本金等が1億円以下
その他の業種(製造業、建築業など):労働者300人以下 もしくは 資本金等3億円以下

ちなみに、介護サービス事業所は「サービス業」にあたるとされているため、介護業界では「労働者100人以下 もしくは 資本金等が5,000万円以下」の事業所が対象となります。

2022年度(令和4年度)エイジフレンドリー補助金について

2022年度エイジフレンドリー補助金
申請期間 2022年5月11日~10月末日

補助金の対象となるのは、高齢の労働者のために職場環境の改善をした経費の一部です。
経費の2分の1が、上限100万円まで支給されます。

支給対象となる環境改善の例は
・新型コロナウイルス感染予防のための費用
・身体機能の低下を補う設備・装置の導入に係る費用
・健康や体力状況等の把握に関する費用
・安全衛生教育の実施に関する費用
となっています。

介護施設・介護事業所での業務においては、移乗介助で使用するスライディングシートの購入、入浴介助で使用するリフトの購入、室内の段差解消のための工事などが該当します。

エイジフレンドリー補助金の申請は、日本労働安全衛生コンサルタント会の「エイジフレンドリー補助金事務センター」に申請します。

申請に必要な書類は「エイジフレンドリー補助金事務センター」ホームページからダウンロードできるので、ぜひチェックしてみてください。

参考:厚生労働省「エイジフレンドリー補助金について

働くシニア世代への給付金制度はこちら
シニア世代の転職で必見!高年齢求職者給付金とは?金額と計算方法、申請手続きやよくある疑問を徹底解説!


>>経験を活かそう!「中高齢者歓迎」の求人はこちら<<
 

この記事をシェアする

介護求人ナビは全国で40,000件以上の介護・福祉の求人情報を掲載した、介護業界最大級の求人サイトです。訪問介護やデイサービス、グループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホームなど高齢者介護の施設や、児童福祉や障害者支援に関わる施設・事業所の求人情報を多数掲載中。介護職、ヘルパー、ケアマネジャー、サービス提供責任者、ドライバーなど職種だけでなく、施設種類での検索や給与検索、土日休み・週休2日制・日勤のみ・夜勤専従・残業なしなど、こだわり条件での求人検索の機能も充実しているので、あなたにぴったりの介護求人が効率よく見つけられます。ブランク可な求人や未経験可の求人、研修制度ありの求人も掲載しているので、初めての転職でも安心!転職・就職・再就職・復職・アルバイト探しに、介護求人ナビをぜひご活用ください。

関連記事