メニューを開く

介護求人ナビ

検索ボタン

転職の第一歩は「自分の希望」を見つけること!

転職の第一歩は「自分の希望」を見つけること!

職場にちょっと不満が芽生えて、転職を考え始めたとき。いったい何から始めたらいいのでしょうか?

モヤモヤする気持ち、特定の人を非難したい気持ちもあると思いますが、まずは自分の気持ちを整理しましょう。それが、次の職場にどんなことを望んでいるかの答えになるからです。

転職の希望は何?

転職をするときに、「なんとなく求人票を見て、ピンときたところにアクセスする」という人は多いかもしれません。

でも、自分の考えがまとまっていないうちにアクセスすると、自分の本当の希望とずれてしまうことがあります。

まずは、自分の転職への思いをまとめましょう。

その中心になるのは、仕事に関する「希望」です。
これを次々と書き出していくとよいのです。
・給料が高い
・家から近い
・人間関係がよい
・正職員で働きたい
・残業や夜勤のないところがいい

さまざまあるでしょう。

考えられるだけ書き出して、優先順位をつけていきます。そして、上位のほうから見ていきましょう。

すると、「給料が高くて残業がない、これはなかなか見つからないかもしれない。給料と時間、どっちを大事にしようかな」「家から近くて人間関係がよい、これは近所の人の口コミを聞きまくったら、希望の職場がみつかるかもしれない」と、だんだん自分の「希望」の中身や、希望を叶える方法もはっきりしてきます。

働く場によっても「希望」の内容は変わる

介護士の場合は、ひと口に「介護業界」とくくっても、介護施設なのか訪問介護事業所なのか、デイサービスなのか、転職の希望が叶えられるかどうかは働く場所によっても違ってきます

また、正職員・パート・派遣など、働く形態によっても違います。

まずはそれぞれの特徴をおさえ、その特徴と希望をリンクさせる形で転職を考えるといいでしょう。

■働く場所
●施設系
・特別養護老人ホーム・老人保健施設:社会福祉法人医療法人などが母体のことが多く、母体がしっかりしていることが多い。給料は介護業界の中では一般に高いほうだが、ひとりでみる利用者さんの数は多め。夜勤あり。

認知症対応グループホーム:民間企業が運営することが多く、職場はこぢんまりしていることが多い。夜勤あり。

有料老人ホーム:民間企業が運営することが多い、いわゆる高級なホームではていねいな介護が要求される。夜勤あり。

●居宅系
デイサービス:おとまりデイがなければ昼間の勤務に限られる。レクリエーション中心。

訪問介護:利用者宅に出向いて介護する。1対1の介護。夜勤はなく、ヘルパーであれば時間は比較的自由に組める。常勤、パート両方あり。

・小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護:訪問、デイ、泊まりの対応をするため、仕事内容がバラエティに富む。泊まりの担当になると夜勤もある。

・居宅介護支援事業所:ケアマネジャーのみ。昼間勤務。

■働き方(雇用形態)
・正職員(正社員):年金や保険などが完備され、ボーナスも期待できる。昇進・昇給もしやすい。パートより責任は重い。
・非常勤:比較的自分のペースで働ける。契約社員として月給などが決められている場合と時給で働くパートの場合がある。パートでも勤務条件を満たせば年金や保険などが適用される。
なお、夜勤専従という働き方もあり、給料のいい夜間のみ働き、昼間の時間を自分の好きなことに使う人もいる。
派遣社員:介護の派遣会社に登録し、決まった派遣先に勤務する。残業は基本なく、人間関係もあっさりしている。直接雇用より時給が高い場合が多い。

さて、これらの特徴と、自身の希望はリンクしているでしょうか。

「子どもがいるから夜勤はできない」というのなら、施設系の勤務先だとあてはまらないかもしれません。
しかし、今は人手不足。「昼間だけでも来てほしい」と望まれることもありますから、自分の希望をしっかり伝えることが大切です。ただ、そのときは「みなさんが夜勤で働いているのに、申し訳ない」という気持ちを持つと、勤務後の人間関係がスムーズになるでしょう。

「非常勤だと不安定だから正職員がいい」という気持ちがはっきりしているのなら、最初から正職員の募集のところだけを応募するようにします。目先の賃金などに惹かれて非常勤契約の職場で働いてしまうと、あとで後悔するかもしれません。

面接では希望をはっきりと言う

「ここに行きたい」という就職先を見つけ、面接に行くと、「どうしても受かりたいから」と、自分の本当の気持ちを押し込めて、相手側の意向に添うような発言ばかりしてしまうことがあります。

けれど、そんな形で合格し、いざ働いてみると、納得いかないことばかりになってしまい、結局、短期間で辞職することになりがちです。

面接のときには、自分の希望は相手にしっかり伝えましょう

「わがまま」と思われるかと心配するかもしれませんが、きちんと理由があれば大丈夫。

「子どもが保育園に通っていて、お迎えの時間が決まっています。それまでの時間はしっかり働きますので、間に合うように退社したいのです」
「家からの電車の便やバスの便がよくないので、自転車か原付バイクで通勤したいのですがよろしいでしょうか」

など。相手が納得するような言い方をし、謙虚さをにじませれば、希望をはっきり言葉に出してよいのです。そして、お互いの条件がどうしても合わなければ、無理に就職せず、もっと自分に合うところを探し直せばよい。そう考えましょう。

履歴書の「本人希望欄」には本当に大事なことのみ記載

履歴書の「本人希望欄」にも、自分の希望を書くことができます。けれど、ここには本当に入社する上で譲れない条件のみ書きましょう。

わざわざ希望欄に書くのですから、面接する採用担当者は、「これは絶対に譲れないのだな」ととらえます。

「給料は30万円以上、休みは週2回必ず確保、残業なし」などと書くと、印象が悪くなるのは否めません。

介護や保育の関係で勤務時間がどうしても限られる、月に1度の通院があるからその時間は避けてほしいなど、「それをNGと言われたら働けない」ということだけを書きます。それ以外のことは、面接のときにやんわりと伝えるほうがよいでしょう。

特に強い希望がなければ、通常は「貴社の規定に従います」と記載するのが基本です。

自分の希望と、就職先の都合を上手にすりあわせて、納得のいく転職先を見つけましょう!

転職のステップガイドはこちら

■ 転職活動の準備
■ 履歴書の書き方
■ 職務経歴書の書き方
■ 自己PR 例文集
■ 志望動機 例文集
■ 面接対策

この記事をシェアする

フォローする フォローする
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓

TOPへ戻る

btn_share_sp

メニュー