【資格】福祉美容師とは? | 介護転職お役立ち情報では、転職やスキルアップに関する情報を毎日配信!

サイトマップ  介護求人ナビTOP

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】福祉美容師とは?

目的別に記事を探す

マンガ

介護福祉士マンガ家が綴る、介護現場の苦笑・爆笑エピソード!

画像

介護漫画40 ★ 第1回 「こんな上司は嫌だ!座談会」

人気記事ランキング

介護・福祉系の資格

【資格】福祉美容師とは?

2018年12月5日

27介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)だけが介護の資格じゃない!
意外と知られていない資格を取り上げ、どんな資格かをご紹介します。
<文・横田 泉>

資格の内容

介護が必要な人や、障がいがあるために外出できない人の自宅や病院、施設を訪問し、洗髪やカットなどの美容業を行う美容師のことです。
要請に応じてフェイシャルやエステ、メイクなども施すことがあります。
美容師としての技術に加え、一定の介護の知識を備えている必要があります。

どんな試験がある?

福祉美容師の統一された試験というものはありません。
美容師の国家資格は必ず必要です。加えて、介護系の講習を受けたり、介護職員初任者研修などの資格を取得するのが望ましいでしょう。
NPO法人 日本理美容福祉協会が「福祉理美容士養成講座」を実施するなどしています。

どんな職場で活躍できる?

病院や有料老人ホーム、デイサービスなど、医療、介護のさまざまな場所で活躍することができます。
自宅を訪問してサービスを行うこともできるので、活動の場は幅広いものになるでしょう。

適性

体力のない高齢者を相手にすることが少なくないため、素早く仕上げる確かな技術が必要になります。
また、認知症や身体に障がいのある人に対するサービスなので、そうした人とコミュニケーションをとる能力、また思いやりの気持ちも欠かすことができません。
多くの利用者は、整髪やメイクを施すことで、イキイキと元気になります。
そこにやりがいを感じられる人に、特に向いている仕事です。

 

●訪問理美容について、詳しくはこちら
→[訪問理美容]ヘアカットやカラーを利用者の自宅や施設で

エリア×テーマで、注目求人を集めました!
↓ 各特集バナーより、詳細をご確認ください ↓
  • #
  • #
  • #
  • #

この記事にコメントをつける

ユーザー名:
コメント:

ページトップへ

 > 介護転職 お役立ち情報 >  スキルアップ > 介護・福祉系の資格 > 【資格】福祉美容師とは?